26日のち時々

27日時々

創刊2001年4月1日/第6104号

<26日付ピックアップ:午前零時> 従業員5人以上の県内事業所の労働者1人あたり現金給与総額(調査産業計)は1年7カ月連続の前年比増ながら、増加率は最も小幅だった。県調査統計課が25日公表した2月の県内毎月勤労統計調査結果(速報)で示されたもの。総実労働時間は、6カ月ぶりに前年を下回った。 <全文>

CEDAR8F.JPG - 122,263BYTES

HEAD.JPG - 8,122BYTES

1年7カ月連続前年比増、県内労働者の給与総額(26日:午前零時)

東北の3カ月予報、5月以降気温は高めか(25日:午後3時半)

7週ぶり値上がり、レギュラーガソリン県平均(25日:午後2時半)

9年ぶり7万キロ超え、大館能代空港の貨物取扱量(24日)

鹿角市の「どごさデモ」出前講座、活用を呼びかけ (24日)

3月に4,800人余減少、県人口98万5,021人(23日:正午)

過去最多13万8,584人、昨年度の大館能代空港東京便(23日)

大館桜まつり、舞台イベントが開幕(21日:午後4時半)

秋田北地方は4人、先月の飲酒運転検挙者(21日)

判断据え置き、日銀秋田支店の金融経済概況(20日:午後4時)

昨年上回るペース、県内子どもへの声かけ等不審者(20日)

秋田北地方などで一転増加、インフル患者(19日:午後5時)

3カ月ぶりに好転、県内建設業の受注額(19日)

TORIKAN060822.JPG - 270,990BYTES
事業の
ご案内
TRADING2.JPG - 20,989BYTES