22日時々

23日時々

創刊2001年4月1日/第4865号

481-482ページ
(14日)

<21日付ピックアップ・午前零時> さわやかな秋晴れに恵まれた20日、大館市など秋田北地方では稲刈り作業が始まった。昨年は8月、9月と2度にわたって冠水被害を受けただけに、同地方の稲作農家は「稲刈りが終わるまで台風や秋雨前線の被害を受けないでほしい」と期待しながら、同作業に汗を流している。 <全文>

BANNER090526.JPG - 122,263BYTES

HEAD.JPG - 8,122BYTES

大館市など秋田北地方、稲刈り作業始まる(21日:午前零時)

秋の彼岸の入り、秋田北地方でも各地で墓参り(21日:午前零時)

本県は11人、「危険ドラッグ」疑われる救急搬送(20日:午前零時)

県内の熱中症救急搬送人員、先月は103人(20日:午前零時)

増加率は県平均を大きく下回る、秋田北地方の来春高卒求人(19日)

下落率は全国最高、県内の住宅地、商業地(19日:午前零時)

秋田北地方から3人が特選、県統計グラフコンクール(18日)

3カ月ぶり165円割れ、レギュラーガソリン県平均(18日:午後2時半)

11年以降2番目の高水準、県内民間労組夏のボーナス(17日)

フレーム切手発売へ、10月4日開幕の国民文化祭にちなみ(17日)

秋田北地方の声かけ不審者、前年の半数以下に減少(16日)

死亡事故は2件に増加、秋田北地方の労災事故(16日)

汚水処理、下水道普及率、秋田北地方平均は県を下回る(14日)

全体でわずかながら増加、7月の県内小売業売上(14日)

TORIKAN060822.JPG - 270,990BYTES
事業の
ご案内
TRADING2.JPG - 20,989BYTES