28日のち

29日時々

創刊2001年4月1日/第5543号
569-570ページ       
(25日)

<28日付ピックアップ> 今年はクマによる死傷事故が多発する中、キノコ採りシーズンを前に県内の関係機関は引き続き注意を喚起している。このほか、毒キノコによる食中毒や遭難事故も例年後を絶たないだけに、キノコ採りの入山者は例年以上の予防策が望まれそう。 <全文>

CEDAR8F.JPG - 122,263BYTES

HEAD.JPG - 8,122BYTES

クマに一層の注意を、キノコ採りシーズンを前に注意喚起(28日)

県内の薬物事犯検挙者数、早くも昨年計と並ぶ(28日)

27年は1万人を突破、台湾、韓国からの県内宿泊客(27日)

3カ月連続前年比減、県内事業所の現金給与総額(27日)

7月は惜しくも皆無ならず、秋田北地方の飲酒運転(26日)

きょう昼前から大雨か、夕方にかけて県内(26日:午前6時10分)

7月は110人減少、秋田北地方の人口(25日:午前11時半)

3カ月ぶり上昇、6月の県景気動向指数(25日:午後5時)

9月も暑さ続きか、東北の3カ月予報発表(24日)

本県の最低賃金、全国を107円下回る716円(24日:午前零時)

3年ぶり3,200万人割れ、県内の観光入込客数(23日:午後5時半)

畠山は男子400bで予選3位、全日本中学陸上(23日:午後3時半)
 

BANNER090526.JPG - 151,350BYTES

TORIKAN060822.JPG - 270,990BYTES
事業の
ご案内
TRADING2.JPG - 20,989BYTES