19日のち 20日時々
創刊2001年4月1日/第4715号
461-462ページ(8日)

<19日付ピックアップ> 25年度(昨年4月-今年3月)の大館能代空港(東京便・1日2往復)の貨物取扱量は、5万キロ台を回復させたものの、最後の10万キロ以上となった19年度の半分以下にとどまった。県の同空港管理事務所が18日公表した3月実績に基づく年度の積算で示されたもの。 <全文>

BANNER090526.JPG - 122,263BYTES

HEAD.JPG - 8,122BYTES

5万キロ台を回復、大館能代空港の25年度貨物取扱量(19日)

個人消費が増加、県の2月経済動向調査結果(19日)

前年度比1万人近い増加、大館能代空港の25年度利用者(18日)

県内で唯一増加、大館管内のインフル定点患者(18日:午前零時)

先月は約2,700万円にのぼる、県内の特殊詐欺被害額(17日)

来週中ごろ開花か、角館や弘前公園などの桜(17日:午前零時)

4週ぶり値下がり、レギュラーガソリン県平均(16日:午後3時)

期間中の死者数は1人、春の交通安全運動閉幕(16日:正午)

3年ぶりに全国最大、本県の人口減少率(15日:午後4時)

2カ月連続判断据え置き、日銀秋田支店(15日:午後6時半)

第3回「BM-1グランプリ」、25日に北秋田市で開催(14日)

全国最高の減少率、本県の交通事故発生件数(14日)

BANNER11053a.BMP - 270,990BYTES
事業の
ご案内
TRADING2.JPG - 20,989BYTES