令和3年2月-4月/経済

<4月>

3月は1.33倍、県内有効求人倍率(30日:午後3時半)

2カ月連続前年比3.5%増、県内事業所の現金給与総額(27日)

コロナ禍で過去最少、令和2年度の県内2空港利用者(21日)

4カ月連続で飛躍的増加、県内建設業の受注額(14日)

2年連続で減少、昨年度の県内新車登録・届出(12日)

負債総額は全国最少、昨年度の県内倒産(8日:午後3時)

業況3期ぶり悪化、日銀秋田支店3月短観(2日:午前零時)

レギュラーガソリン、県平均147円超え(1日:午前零時)

   

<3月>

2カ月連続1.31倍、県内有効求人倍率(31日:午前零時)

過去1年間で3番目の低下幅、県鉱工業生産指数(29日)

過去1年間で最大の伸び、県内建設業の受注額(19日)

過去2番目の低水準、大館能代空港の利用者数(18日:午前零時)

基調判断据え置き、日銀県内金融経済概況(16日:午前零時)

コロナ禍で激減、昨年の県内旅券発行等(12日:午前零時)

「緩やかに持ち直し」、1月県内経済概況(11日:午前零時)

5カ月ぶり前年割れ、県内の新車新規登録(10日:午前零時)

東北で唯一皆無、先月の県内倒産(9日:午前零時)

1年3カ月ぶり上昇、県内有効求人倍率(2日:午後3時)

<2月>

大館能代空港、1月はコロナに大雪が追い打ち(27日:午前零時)

基調判断を下方修正、日銀秋田金融経済概況(18日:午前零時)

鹿角は17年ぶり高水準、昨年の新設住宅着工戸数(2日)

※このページには広告を掲載しております。