BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和4年(2022年)8月5日付
1億6,000万円近くに
 
3日豪雨の県内農林水産物被害
 
今後億単位で拡大か

 

 県は5日、広く県内を襲った今月3日の豪雨による農林水産物被害は1億6,000万円近くにのぼる、と明らかにした。5日午後3時現在の集計結果を示したもので、調査が進めば大幅に増える可能性がある。

 県が作成した5日午後3時現在の農林水産物被害状況は下段のとおりだが、合計被害額は1億5,799万5,000円にのぼった。水稲の277ヘクタールなど農作物等の面積は今調査結果で示したものの、これに伴う被害額は同現在ではまだ把握できておらず、総被害額は今後数億円規模で増えていく可能性も。

 このほか、同現在で明らかにしたより精度の高い住家被害の状況によると、床上浸水は大館市で21棟、鹿角市で2棟、北秋田市で1棟の計24棟。また、床下浸水は大館市で41棟、北秋田市で13棟、鹿角市と能代市で各2棟、五城目町で1棟の計59棟だった。うち大館市は、下内川の堤防が決壊した沼館地区がほとんどを占める。 (午後5時) 前の関係記事

220805P.JPG - 197,570BYTES

※このページには広告を掲載しております。