BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和4年(2022年)7月25日付
3チームが初戦突破

全県少年野球大会で秋田北地方勢
 
十和田は8強入り

 

 中学軟式野球で8月の東北大会を目指す第88回全県少年野球大会(県中体連、県教委など主催)は24日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で開幕し、初日は1回戦4試合と2回戦2試合の計6試合を行った。秋田北地方勢は1回戦で北陽(大館北秋田2区)が琴丘・八竜(能代山本同)を2-1、鷹巣(大館北秋田1区)が城東(秋田2区)を1-0、2回戦で十和田(鹿角)が山王(秋田1区)を4-3で下して初戦を勝利で飾り、このうち十和田は早々に8強入りを決めた。一方、2回戦で比内(大館北秋田3区)は大内(本荘由利2区)に3-8で敗れた。

 第71回県中学校総体軟式野球大会を兼ねた今県大会には北陽、鷹巣、十和田、比内の秋田北地方勢4チームを含む地区予選を勝ち上がった20チームが出場。上位2チームは8月4日に宮城県の仙台市民球場などで開幕する東北大会の出場権を得る。東北大会の上位3チームは同18日に北海道札幌市の円山球場などで開幕する全国大会に出場する。

 こまちスタジアムでの開幕戦に臨んだ北陽は、1回に1点先制。4回に試合を振り出しに戻されたが、タイブレークとなった延長8回、貴重な1点を追加して1-2で琴丘・八竜をサヨナラ勝ちで沈めた。また、八橋球場での開幕戦に臨んだ鷹巣は1回に1点をもぎ取り、そのまま逃げ切って1-0で城東に勝利。

 1回に1点先制した十和田は2回に3点奪われて逆転を許したものの、5回に3点返して4-3で山王に競り勝ち、8強に名乗りをあげた。一方、3回までに4点奪われた比内は4回に1点差まで詰め寄ったが、終盤6回に1点、7回にダメ押しの2点を許し、3-8で大内に敗れた。  (午前零時)

1 2 3 4 5 6 7 8
琴丘・八竜

0

0 0 1 0 0 0 0 1
北   陽 1 0 0 0 0 0 0 2
1回戦・こまちスタジアム・延長8回タイブレーク

1 2 3 4 5 6 7
城  東

0

0 0 0 0 0 0 0
鷹  巣 1 0 0 0 0 0 × 1
1回戦・八橋球場

1 2 3 4 5 6 7
十 和 田

1

0 0 0 3 0 0 4
山  王 0 3 0 0 0 0 0 3
2回戦・こまちスタジアム

1 2 3 4 5 6 7
大  内

3

1 1 0 0 1 2 8
比  内 0 0 0 3 0 0 0 3
2回戦・八橋球場

※このページには広告を掲載しております。