BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和4年(2022年)1月12日付
秋田北地方勢は3人

16日に全国都道府県対抗女子駅伝 
 
選手候補を発表

 

 皇后盃第40回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会(日本陸上競技連盟主催)は、16日に京都市のたけびしスタジアム京都(西京極総合運動公園陸上競技場)発着の同スタジアム付設駅伝コース9区間、42.195キロで行う。これを前に大会事務局は11日、各都道府県チームの選手候補を公表した。本県チームは、秋田北地方出身者3人を含む13人が候補に挙げられた。

 昨年は当初1月17日開催の予定だったが、新型コロナの影響で大会史上初めて中止を余儀なくされたため、今大会は2年ぶりの開催。大会事務局が作成した本県チームの選手候補は下段のとおりだが、秋田北地方出身者は藤田正由加、萩野真紀(ともにルートインホテルズ・秋田北鷹高出)が郷土出身の「ふるさと選手」として、また、大館国際情報学院高の武田桜(2年)が候補入りした。

 藤田は第37回、第38回大会の2年連続でアンカーの大役を担っており、今大会も選手入りする可能性が高い。また、萩野も第37回で7区、第38回で4区を走っており、藤田と同様、選手入りすると予想される。武田は、初の選手候補入り。

 本県チームの過去3回の順位は第36回が35位、第37回が26位、一昨年第38回が30位と、なかなか上位に食らいつけずにいるだけに、今大会はさらなる奮起が期待される。 (午前零時)

選手名・年齢 所属 陸協
鈴木 優花(22) 大東文化大(4年) 秋田
藤田 正由加(22) ルートインホテルズ 東京 [ふるさと選手]
萩野 真紀(21) ルートインホテルズ 東京 [ふるさと選手]
武内 わかな(20) 東北福祉大(3年) 秋田
阿部 円海(18) 横手清陵学院高(3年) 秋田
吉川 真央(18) 大曲高(3年) 秋田
菅原 苺波(16) 大曲高(1年) 秋田
姉ア りん(17) 横手清陵学院高(2年) 秋田
武田 桜(17) 大館国際情報高(2年) 秋田
新山 愛乃(16) 湯沢高(1年) 秋田
小松 蒼(14) 雄勝中(2年) 秋田
加藤 礼夢(14) 泉中(2年) 秋田
佐藤 夢菜(14) 秋田西中(2年) 秋田

※このページには広告を掲載しております。