BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和3年(2021年)5月31日付
そろって8強入り

春季東北高校野球県大会
 
秋田北地方勢3校

 
 29日に県内2球場で開幕した第69回春季東北高校野球県大会(県高校野球連盟主催)第3日は31日、大館市の2校が初戦に臨んだ。うち大館鳳鳴は秋田工に1-0、大館桂桜は平成に3-2の各1点差で勝利。前日は秋田北鷹が由利工を1-0で下しており、秋田北地方勢3校はそろって8強入りを果たした。

 こまちスタジアム(秋田市)とグリーンスタジアムよこて(横手市)を会場とする今大会には、県北、中央、県南の各地区大会を勝ち抜いた18校が出場している。新型コロナウイルスの影響で当初予定の14日が半月にずれ込んでの開幕となり、スタンドへの入場を部員1人につき保護者2人までとするなど、感染予防を徹底しての大会運営

 両球場を会場に見込んでいた東北大会はコロナの影響ですでに中止が決まっているが、今大会の8強が出場権を得る全国選手権秋田大会は7月9日〜22日の日程で開催の予定。

 31日は、2回戦残り4試合を行った。うち大館鳳鳴は、1回戦で横手に4-0で完勝した秋田工と対戦。鳳鳴は8回に無死2、3塁から貴重な1点をもぎ取り、1-0で秋田工に勝利。鳳鳴は6月3日午前10時からこまちスタジアムで、30日の2回戦で本荘を4-3で下した湯沢翔北と4強をかけて戦う。

 初回に1死3塁から1点を先制した大館桂桜は、3回に2点返された。しかし、その裏2死3塁から1点追加して試合を振り出しに戻した。さらに、4回に1死3塁から1点追加し、再逆転してそのまま逃げ切った。大館桂桜は30日の2回戦で由利工を下した秋田北鷹と、6月4日午後1時からこまちスタジアムで4強をかけて対戦する。 (午後3時)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大館鳳鳴 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
秋 田 工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2回戦・こまちスタジアム(31日)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
平  成 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
大館桂桜 1 0 1 1 0 0 0 0 × 3
2回戦・グリーンスタジアムよこて(31日)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
由 利 工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
秋田北鷹 0 0 0 0 0 1 0 0 × 1
2回戦・グリーンスタジアムよこて(30日)

※このページには広告を掲載しております。