BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和3年(2021年)5月18日付
7人に選任書交付

北秋田市七日市財産区管理委員
 
任期は4年間

210518P.JPG - 25,455BYTES
北秋田市七日市財産区管理委員の選任書交付式

任期満了に伴う北秋田市七日市財産区管理委員の選任書交付式が18日行われ、新任、再任あわせて7人の委員に津谷永光市長が選任書を手渡した。任期は、17日から令和7年5月同日までの4年間。

 市町村合併に伴って旧市町村の一部地域が山林、土地、墓地、原野などの特定の財産や公の施設を保有する場合、それらを管理をするための行政組織が財産区。北秋田市では七日市、綴子、坊沢、栄、米内沢、前田、阿仁合、大阿仁の8財産区が管理会を運営している。

 各財産区の区域内に3カ月以上住所を有する者であることが財産区管理委員となるための条件で、市長が市議会の同意を得て選任。先月27日の臨時議会で同意を得たため、この日は新任4人、再任3人に津谷市長が選任書を交付した。

 昭和31年(1956年)に旧七日市村の森林資源管理、運営を目的に設置された七日市財産区は、約24ヘクタールの財産区有林の運営など、約65年にわたって区域住民の共有財産を管理している。

※このページには広告を掲載しております。