BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和3年(2021年)4月28日付
人口減少率初の6%超え

2年国調の県内分速報
 
秋田北地方、県平均上回る8%

 

 県調査統計課は28日、令和2年国勢調査の県内分人口速報集計を公表した。県人口の減少率は初めて6%を超え、うち5市町村からなる秋田北地方は県平均を上回る8%にのぼった。減少率が県内で最も大きいのは藤里町で、これに上小阿仁村が続き、計6市町村で10%を突破。

 大正9年(1920年)を第1回とする国勢調査は、100年目の令和2年で第21回を数える。同課が作成した前回平成27年(2015年)との比較による人口と世帯数の令和2年速報集計は下段のとおりだが、県人口は男性45万2,479人、女性50万7,634人のあわせて96万113人で、前回に比べて6万3,006人、6.2%減少した。減少数は2回連続で6万人を超えて今回が最も多く、減少率はこれまでの過去最大だった前回を0.4ポイント上回り、初めて6%を超えた。

 また、県全体の世帯数は前回比3,138世帯減の38万5,422世帯。3回連続で減少し、今回は初めて3,000世帯を超えた。減少率は平成22年(2010年)の第19回が0.7%、同27年(2015年)が0.4%、そして今回が0.8%といずれも1%未満ながら、今回は最も大きい。

 うち秋田北地方5市町村計の人口は前回比1,126人、8%減の13万5,453人で、減少率は県平均を1.8ポイント上回った。減少率県内最高は藤里町の13.7%で、これに同地方の上小阿仁村が13.1%で続き、以下、男鹿市の11.3%、三種町の10.6%、仙北市と小坂町の各10.5%、の計6市町村で10%を超えた。97人、3.7%増加した東成瀬村を除く24市町村で減少。

 このほか秋田北地方の世帯数は5万3,932世帯で、前回に比べて1,126世帯減少した。減少率は県平均を1.2ポイント上回る2%に達し、上小阿仁村は県内最高の9.5%だった。

 県内25市町村中20市町村で減少した中、人口が唯一増加した東成瀬村は前回比349世帯、43.1%の大幅増で、大潟村の4.8%、潟上市の2.1%、秋田市の1.2%、大仙市の0.8%と比較して増加率が突出。 (午後4時)


令和2年国勢調査(速報)
A
平成27年国勢調査(確定値)
B
前回調査との比較
増減数・増減率
市町村名 人 口 世帯数 人 口 世帯数 増減数
A-B
増減率(%)
(A-B)/B*100

総 数 総 数 人口 世帯数 人口 世帯数
県 計 960,113 452,479 507,634 385,422 1,023,119 480,336 542,783 388,560 -63,006 -3,138 -6.2 -0.8
市部計 871,654 410,806 460,848 353,395 925,806 434,789 491,017 355,623 -54,152 -2,228 -5.8 -0.6
郡部計 88,459 41,673 46,786 32,027 97,313 45,547 51,766 32,937 -8,854 -910 -9.1 -2.8
大館市 69,280 32,556 36,724 27,999 74,175 34,633 39,542 28,242 -4,895 -243 -6.6 -0.9
鹿角市 29,107 13,677 15,430 10,979 32,038 14,939 17,099 11,508 -2,931 -529 -9.1 -4.6
北秋田市 30,217 14,165 16,052 12,079 33,224 15,478 17,746 12,222 -3,007 -143 -9.1 -1.2
小坂町 4,780 2,232 2,548 2,044 5,339 2,489 2,850 2,168 -559 -124 -10.5 -5.7
上小阿仁村 2,069 987 1,082 831 2,381 1,113 1,268 918 -312 -87 -13.1 -9.5
秋田北地方計 135,453 63,617 71,836 53,932 147,157 68,652 78,505 55,058 -11,704 -1,126 -8.0 -2.0

※このページには広告を掲載しております。