BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和3年(2021年)1月7日付
警報級大雪の可能性も

きょうから県内 
 
気象台が注意、警戒を喚起

 

 秋田地方気象台が7日午前6時前に発表した最新(第5号)の「暴風雪と高波及び大雪に関する気象情報」によると、8日にかけて低気圧が急速に発達しながら千島近海へ進み、強い冬型の気圧配置となるため、県内は大荒れや大しけとなり、大雪に見舞われる所がありそう。
 
 低気圧が日本海にあり、東へ進んでいる。きょうは低気圧が急速に発達しながら北日本へ進み、8日朝には千島近海に達しそうで、低気圧通過後は日本付近が強い冬型の気圧配置となる見込み。

 この影響で県内は、沿岸を中心に西寄りの風が雪を伴って非常に強く吹き、海上は大しけが予想される。きょうから8日にかけて予想される最大風速は沿岸海上で27メートル(最大瞬間風速40メートル)、同陸上で23メートル(同35メートル)、内陸で15メートル(同30メートル)、同日にかけて予想される波の高さは7メートル。
  
 県内は大雪に見舞われる所がある見込みで、上空の寒気が予想よりも強まった場合は警報級の大雪となる可能性がある。また、きょうは大気の状態が非常に不安定で、積乱雲が発達する所がある見込み。

 きょう午前6時から8日同時刻までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で平野部が50センチ、山沿いが60センチ。その後、8日午前6時から9日同時刻までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で平野部が20から40センチ、山沿いが30から50センチ。
 
 このため、県内は沿岸を中心に8日明け方にかけて暴風雪による建物への被害、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波による船舶や沿岸施設への被害に警戒が求められる。

 また、8日にかけて大雪による交通障害、建物や農業施設への被害に注意・警戒し、雪崩や着雪に注意が必要で、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意を呼びかけている。「発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めて」と同気象台。午前6時現在、沿岸部の13市町村に暴風雪警報を発令中。 (午前6時)

210107P.JPG - 86,834BYTES
午前6時20分現在の県内上空雪雲配置図。県南部を除き降雪は小康状態

※このページには広告を掲載しております。