BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)9月15日付
初の700人超え

県内の100歳以上高齢者数 
 
全国、初めて8万人突破

 住民基本台帳に基づく今月1日現在の100歳以上高齢者数は、全国計で初めて8万人を突破した。厚生労働省がきょう15日の「老人の日」に合わせて同日公表したもの。うち本県は、初めて700人を超えた。

 老人福祉法が制定された昭和38年(1963年)に全国でわずか153人だった100歳以上高齢者数は同56年(1981年)に1,000人、平成10年(1998年)に1万人、同24年(2012年)に5万人、同27年(2015年)に6万人、昨年7万人をそれぞれ超え、今年は8万450人と初めて8万人を突破。50年連続で過去最多を更新。前年比増加数は前年の1,489人から一気に9,176人に拡大し、過去最大となった。

 うち女性は全体の88.2%を占める7万975人で、同8,165人の増加。これに対して男性は同1,011人増の9,475人で、総数、増加数とも男女差が著しい。

 一方、県内の100歳以上高齢者は前年比79人増の748人と初めて700人を超えたものの、総人口の少なさを反映して全国順位は47都道府県中41位(前年42位)の低ランクにとどまっている。男女別では女性が同65人増の654人、男性が同10人増の94人で、男女とも過去最多。

 国は昭和38年度以来、「老人の日」の記念行事として各年度内に100歳を迎える高齢者に総理大臣からの祝い状と記念品を贈呈してきた。全国で本年度中に100歳に到達するのは今月1日現在で4万1,802人を数え、前年度を4,797人上回って初めて4万人を突破。うち本県は男性が同3人減の58人、女性が同79人増の370人、合計で同76人増の428人。3年連続で増加し、初めて400人を超えた。

 このほか、人口10万人あたりの100歳以上高齢者数は、全国平均で前年比7.42人増の63.76人。本県は同13.23人増の77.43人で、全国順位は前年の24位から25位に後退した。 

 国内そして世界最高齢者は、福岡県福岡市の田中カ子(かね)さんで117歳(明治36年=1903年=1月2日生まれ)。昨年3月に存命中の最高齢としてギネス世界記録認定を受けた田中さんは、同市内の有料老人ホームに入所。ふだんからオセロを楽しむなど元気に過ごし、おいしいものを食べて計算などの勉強をすることが長寿の秘訣という。

 男性の国内最高齢は、奈良県奈良市の上田幹蔵さん110歳(明治43年=1910年=5月11日生まれ)。今年8月22日に男性の国内最高齢者となった上田さんは同市内の介護老人保健施設で暮らし、身の回りのことはほぼ自分で行っている。体を動かすのが好きで、日ごろからリハビリやレクリエーションにも積極的に取り組んでいる。「何も考えずに自然に身をまかせている」のが長寿の秘訣のよう。 (午後2時)

※このページには広告を掲載しております。