BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)9月9日付
関本と小舘の連覇に期待

日本インカレ、11日開幕

関本は2冠の行方も注目

200909P.JPG - 99,786BYTES 
第89回日本学生陸上競技対校選手権大会のポスター

 

 天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本学生陸上競技連合主催)は、新潟市のデンカビッグスワンスタジアム(新潟スタジアム)で11日に開幕する。秋田北地方出身選手は、女子400メートル障害で関本萌香(大館鳳鳴高-早大3年)、女子ハンマー投げで小舘充華(花輪高校-流通経済大4年)にそれぞれ連覇の期待がかかる。うち関本は、先のセイコーゴールデングランプリ陸上2020東京に続く2冠の行方も注目される。

 「日本インカレ」とも呼ばれる同大会は、11日から3日間にわたって男女各22種目で覇を競う。今大会の開催にあたっては、会場地の新潟県から「コロナ防止対策に十分留意されたい。今後の状況によっては開催の可否や態様の再検討もありうる」との書面が3日付で出されており、これを受けて参加大学や選手らは万全の予防対策で臨む。

 大会事務局が作成した今大会出場予定上位10選手のうち女子400メートル障害と同ハンマー投げの各内訳は下段のとおりだが、関本、小舘の両選手はそれぞれ1位につけており、両選手とも昨年大会に続く連覇が期待される。とりわけ、4年の小舘は今大会が学生としては最後のビッグタイトルだけに、有終の美を飾りたいところ。

 また、先月23日のセイコーゴールデングランプリ陸上2020東京で頂点に立った関本は、日本インカレも良い成績で優勝できるようがんばりたいとの抱負を述べており、今大会で2冠に輝けるか、注目される。

 女子ハンマー投げは、大会最終日の13日午前11時半から小舘を筆頭とする20選手が決勝に臨む予定。また、5組からなる女子400メートル障害の予選は同第2日の12日午後零時45分に開始する。関本は、予選第1組(7選手)に出走。決勝は、13日午後零時半から行う予定。 (午前零時)

200909P3.JPG - 39,593BYTES
200909P1.JPG - 176,928BYTES
200909P2.JPG - 213,748BYTES

12日付午後2時続報: 天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権大会で女子400メートル障害の連覇を目指していた関本萌香(大館鳳鳴高-早大3年)は、12日の予選を棄権した。大会事務局が作成した関本が出場する予定だった予選第1組の結果は下段のとおり。

順位 レーン No. 氏名 所属 記録 コメント
1 9 316 川島 卯未 (4) カワシマ ウミ 中央大
福 井
1:00.89
2 8 512 辻井 美緒 (2) ツジイ ミオ 大阪教育大
奈 良
1:01.42
3 5 124 比嘉 和希 (4) ヒガ カズキ 山梨学院大
千 葉
1:01.48
4 7 430 奥林  凜 (1) オクバヤシ リン 至学館大
三 重
1:03.07
5 3 591 西村寧々花 (3) ニシムラ ネネカ 立命館大
京 都
1:03.51
6 6 360 樋口 夏美 (2) ヒグチ ナツミ 法政大
佐 賀
1:03.82

4 86 関本 萌香 (3) セキモト モエカ 早稲田大
秋 田

DNS(棄権)

※このページには広告を掲載しております。