BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)5月15日付
初戦は秋田中央と

秋田北地方勢唯一出場の北鷹
 
春季高校野球県大会、組み合わせ決定

 17日に開幕する第67回春季東北高校野球県大会の組み合わせが14日、決まった。秋田北地方から唯一出場権を得た秋田北鷹は、19日午後零時半から能代球場で秋田中央と対戦する。

 春季県大会には県北4校、中央、県南各7校のあわせて18校が出場し、6月6日〜10日に山形県で行う東北大会の出場枠となる上位3校を目指す。うち秋田北地方で唯一県大会への切符を勝ち取った秋田北鷹は、12日の県北地区大会決勝で能代松陽に2-12の大差で敗れたものの、準優勝校として県大会に挑む。

 対戦相手の秋田中央は中央地区の準決勝で本荘に4-5で競り負け、決勝進出を逃した。同地区決勝は、明桜が本荘に5-0で完勝。秋田北鷹は、県北地区で能代松陽に猛攻を浴びて大量失点したのを反省材料に、上位を狙いたいところ。

 県大会は、能代球場と秋田市のこまちスタジアムで17〜20日、25日、26日の日程で行う予定。17日に同スタジアムで行う開会式では、大曲農の岡田雄基主将が選手宣誓。 (午前零時)

※このページには広告を掲載しております。