BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

2019年5月13日付
議長に加藤氏、副議長に佐藤氏

改選後初の県議会
 
主要ポストの大半が自民
 
190513AP.JPG - 66,678BYTES190513AP2.JPG - 56,881BYTES
最初の議事進行に臨む加藤鉱一新議長と就任あいさつに立つ佐藤賢一郎新副議長

 

 改挙後初の県議会、第2回定例会5月議会が13日招集され、単記無記名投票で正副議長を選出したほか、各常任委員会などの顔ぶれが決まった。新議長には加藤鉱一氏(70)=由利本荘市・当選4回=、新副議長には佐藤賢一郎氏(71)=大館市・同=をそれぞれ選出。正副議長をはじめ各常任委員会、議会運営委員会、同日設置した予算特別委員会の委員長、副委員長ポストあわせて18人中13人までを最大会派の自民党(26人)で占めた。

 14日までの2日間を会期とする今議会には全43議員が出席し、最年長の北林康司議員が暫定議長を務め、正副議長選挙を行った。投票数43、有効投票数40、無効同3(いずれも不明票)となった議長選で加藤氏は、全有効投票数に近い39票を獲得して第67代議長に選出された。

 就任あいさつに立った加藤氏は「県民の意見に真摯に耳を傾け、その意思を迅速かつ的確に反映してその負託に十分に応えるよう、公正で円滑な議会運営に努める」との決意を示した。

 また、投票数43、有効同42、無効同1(不明票)の副議長選で佐藤氏は、有効同の7割近い28票を得て第71代副議長に選出。秋田北地方から副議長に選ばれたのは、平成27年5月11日〜同29年同の近藤健一郎氏(北秋田市郡)以来となる。

 就任あいさつに立った佐藤氏は「加藤議長を補佐し、公正で円滑な活力ある議会運営に努め、県民の信頼を得られるよう全力を尽くす」と誓った。

 

 続いて、加藤議長による指名に一任する形で各常任委員会委員、議会運営委員会委員とそれぞれの委員長、副委員長を選任。さらに、全議員を委員とする予算特別委員会を設置し、同一任で委員長、副委員長を選任した。各委員会の委員長、副委員長(敬称略)は次のとおり。()内は所属会派。   (午後2時半)

<常任委員会>〇総務企画委員長=鈴木健太(自民)、副委員長=近藤健一郎(同)〇福祉環境委員長=佐藤正一郎(みらい)、副委員長=杉本俊比古(自民)〇農林水産委員長=佐藤信喜(同)、副委員長=薄井司(社民)〇産業観光委員長=鈴木雄大(自民)、副委員長=原 幸子(同)〇建設委員長=今川雄策(同)、副委員長=吉方清彦(みらい)〇教育公安委員長=橋武浩(自民)、副委員長=佐々木雄太(同)

<議会運営委員会>委員長=工藤嘉範(自民)、副委員長=三浦英一(みらい)

<予算特別委員会>委員長=柴田正敏(自民)、副委員長=渡部英治(みらい)

※このページには広告を掲載しております。