BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

2019年(平成31年)4月16日付
第1四半期50人超え

前年同期の1.5倍以上
 
県内の自殺者数

 

 今年に入ってからの県内自殺者数は各月とも前年を上回り、第1四半期(1-3月)で50人を超えた。県警が16日まとめた3月の自殺統計で示されたもの。平成30年計は統計史上最少に抑えられたが、今年は4年ぶりの増加が懸念される。

 3月の県内自殺者数は男14人、女9人のあわせて23人。前年同月に比べて2人増加し、前年10月の24人以来5カ月ぶりに20人を超えた。過去1年間では、前年5月と並んで3番目に多い。この結果、第1四半期は56人にのぼり、前年同期に比べて19人、51.4%増加した。

 ちなみに、平成30年計は前年比39人、15.9%減の206人。3年連続で減少し、統計記録が残る昭和54年(1979年)以降最も少なかった。今年は年計で初の200人以下が期待される中、第1四半期は3カ月とも前年を上回るなど厳しい推移。

月別

年別

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

総数

平成30年(人)

10 6 21 16 23 24 17 16 16 24 15 18 206

平成31年(人)

17 16 23 56

増加数(人)

7 10 2

※このページには広告を掲載しております。