2019年2月9日付
本県は東北最少

1月倒産1件、2,000万円

10年間で最も少なく

 1月の県内倒産件数は青森と並び東北で最も少なく、負債額も最少だった。東京商工リサーチが8日公表した同月の全国企業倒産状況で示されたもの。件数、負債額とも、昭和46年(1971年)の統計開始以来の同月で最も少ない。

 全国計の1月企業倒産(負債額1,000万円以上)は件数が666件、負債総額が1,683億7,400万円。うち件数は前年同月に比べて4.8%、31件増加し、2カ月ぶりに前年を上回った。1月としては2年連続の前年比増で、倒産減少の「底止まり」をうかがわせた。

 ジャスダック上場でパン・ラスク製造販売のシベール(山形・負債19億5,900万円)が民事再生法を申請し、30年6月の日本海洋掘削(東証1部上場・東京・負債904億7,300万円)以来、7カ月ぶりの上場企業倒産に。

 一方、負債総額は前年同月に比べて61%、638億1,500万円増加し、3カ月ぶりに前年を上回った。負債100億円以上の大型倒産が2件(前年同月は皆無)発生したのが、増加の背景にある。ただ、1億円未満が全体の74.1%を占める494件にのぼり、依然として小規模企業倒産が大半を占める。

 この10年間の県内1月倒産推移は下表のとおりだが、今年は1件、2.000万円にとどまり、24年の2件、3,000万円を下回って最も少なかった。件数は、青森と並んで東北最少。負債額も東北最少で、全国でも宮崎と並んで少ない方から3番目だった。
(午前零時)

10年間の県内1月倒産推移
31年 30年 29年 28年 27年 26年 25年 24年 23年うち 22年
倒産件数 1件 7件 9件 5件 5件 9件 5件 2件 4件 4件
負債総額 2,000万円 43億2,900万円 11億1,600万円 1億8,000万円 2億1,500万円 11億8,400万円 5億8,500万円 3,000万円 3億3,400万円 3億9,000万円