2016年11月-2017年1月/社会(スポーツを含む)

<1月>

県内公立高校前期選抜、あす学力検査など(30日:午前零時)

石垣が2種目表彰台、全日本スキー選手権距離(30日:午前零時)

昨年の秋田北地方は26件、子どもへの声かけ不審者件数(29日)

秋田北地方勢が上位、全日本スキー選手権距離(29日:午前零時)

本県は全国屈指の"定住県"、27年国調結果(28日:午前零時)

合川は男女とも3位、東北中学スキーリレー(28日:午前零時)

小坂の本田が2冠、東北中学スキー第2日(27日:午前零時)

新たに39件の報告、県内の集団風邪(27日:午前零時)

いとく大館SCは改修工事着手、県が耐震診断結果公表(26日)

女子フリーで本田がV、東北中学スキー開幕(26日:午前零時)

本県含む東北日本海側の降雪、「多い」が40%の高確率(25日)

県人口、3月中に100万人割れか(24日:午後1時半)

前年比倍増の26人、昨年の県警薬物検挙者数(24日)

1年ぶり2ケタ白星、大相撲初場所で豪風(23日:午前零時)

県体スキー男女リレー、北鷹がアベック優勝(23日:午前零時)

本県チームは10位、都道府県対抗男子駅伝(22日:午後2時49分)

秋田北地方勢は18種目制覇、県体スキー競技(22日:午前零時)

秋田北地方勢全種目制覇、県体スキー競技開幕(21日:午前零時)

統計開始以降最少、昨年の県内自殺者数263人(20日:午後6時)

本格的流行後初の減少、県平均のインフル定点患者数(19日)

過去10年間で最少157人、昨年の県内非行少年(18日)

前期選抜に185人、秋田北地方の全日制高校(17日:午後2時)

県が28年飲酒運転調査結果公表、ベスト1の座に八峰町(16日)

県内の民生・児童委員充足率、全国、東北平均を下回る(16日)

本県チームは22位、都道府県対抗女子駅伝(15日:午後2時50分)

初日は184人が出願、秋田北地方全日制の前期選抜(14日:午前零時)

秋田北地方勢は3選手、都道府県対抗男子駅伝(13日:午前零時)

県内平野部は30a予想、12日夕方までの降雪(12日:午前零時)

秋田北地方勢は8選手、都道府県対抗女子駅伝(11日:午前零時)

15日ごろにかけ大雪か、気象台が注意喚起(11日:午前零時)

2年連続で減少、28年の県内特殊詐欺被害(10日:午前11時半)

世界Jrカデフェンシング選考会、北鷹入賞逃す(10日:午前零時)

大館市の第33回比内とりの市、21日に開幕(9日)

北鷹の成田入賞、世界Jrカデフェンシング選考会(9日:午前零時)

北鷹は35位が最高、ジュニアフェンシング第2日(8日:午前零時)

女子は15日、男子は22日、全国都道府県対抗駅伝(7日)

JOCジュニアフェンシングで北鷹、初日は入賞逃す(7日)

県公立高校入試、13日に前期選抜出願受付開始(6日)

秋田北地方勢は男女計10校、高校新人バレー28日開幕(6日)

1年で1,043人減少、大館市の1日現在人口7万4,705人(5日:正午)

交通死亡事故ゼロ日数、上小阿仁村は1,000日視野に(4日)

5年ぶり50人突破、昨年の県内交通事故死者数(1日:午前8時半)

鹿角は観測史上最多、28年の年間日照時間(1日:午後2時)

<12月>

秋田北地方、慌ただしく大みそか(31日:午前9時)

北鷹から男女13選手、JOCジュニアフェンシング1月6日開幕(31日)

県内の年末年始予報、初日の出は期待薄か(30日:午前零時)

定点患者数2.3倍に急増、県内のインフル(29日:午前零時)

休日夜間急患は4医療機関、年末年始の県内救急医療(27日)

11月は155人減少、秋田北地方の人口14万4,487人(26日)

豪風は東前頭5枚目、大相撲初場所新番付(26日:午前6時50分)

秋田工は21位、男子全国高校駅伝大会(25日:午後2時50分)

秋田北鷹は34位、女子全国高校駅伝大会(25日:午後1時)

転倒災害は冬場に集中、秋田労働局が注意喚起(24日)

児玉が入賞、全日本学生男子10キロクラシカル(24日:午前零時)

大館と北秋田で対照的、インフルエンザの流行(23日:午前零時)

児玉と田中が入賞、全日本学生男子10キロフリー(23日:午前零時)

降雪量はほぼ平年並み、1-3月の東北日本海側(21日:午後2時半)

県内では3人が死亡、年末の交通安全運動終了(21日:午前10時)

女子北鷹の健闘に期待、25日に全国高校駅伝(20日)

ツキノワグマ被害対策、新計画案で出没警報制度も(19日)

女子鷹巣は45位、第24回全国中学駅伝大会(18日:午後1時)

全県1位から脱落、飲酒運転追放運動で上小阿仁村(18日)

過去10年間で最悪、県内の梅毒患者数(17日)

2年連続改善傾向、県警へのいたずら110番(15日)

今年の県警検挙率、21年ぶりの70%台視野に(13日)

今年最多の前年比増、11月の県内自殺者数24人(12日)

18日に全国中学駅伝、女子鷹巣の上位入賞に期待(12日)

先月は17人が負傷、秋田北地方の労働災害(10日)

県内突出の急増ぶり、北秋田管内の感染性胃腸炎(9日:午前零時)

関係機関が注意喚起、冬山遭難の未然防止を(7日)

11月中に30件超え、今年の特殊詐欺被害認知件数(6日:午後2時)

気象台が注意喚起、県内は夕方まで暴風か(6日:午前6時20分)

10年間で初の1,000本割れ、秋田北地方の28年アメシロ被害(5日)

年末の交通安全運動、県内で11日から10日間展開(5日)

秋田北地方の気温、降水量、日照、平年を大きく下回る(4日)

集団感染が急増、県内での感染性胃腸炎(3日:午前零時)

10年目の大館シャイニングストリート、きょう点灯(3日:午前零時)

県内交通事故死者数、5年ぶり50人突破の懸念も(2日:午前零時)

2日夕方にかけて暴風雪か、気象台が警報(1日:午後5時20分)

<11月>

県内唯一の50%、上小阿仁村の65歳以上人口割合(29日:正午)

11年ぶり年間4場所勝ち越し、九州場所で豪風(27日:午前零時)

降雪量はほぼ平年並み、12-2月の東北日本海側(25日:午後2時半)

北秋田管内で急増、感染性胃腸炎の定点患者数(25日:午前零時)

10月は135人減少、秋田北地方の人口(24日:午後2時半)

ランカー2戦目勝利、大館市出身のプロボクサー中嶋(22日)

大館市はほぼ倍増、子どもへの声かけ不審者(21日)

男子大館東は準優勝、県中学秋季バスケ(21日:午前零時)

県内のHIV抗体検査件数、過去10年間の最少か(20日)

先月は15人負傷、1人死亡、秋田北地方の労働災害(19日)

4年目のクリスマスマーケット、12月3日から小坂町(19日)

全国平均上回る7.3、県内の27年度中絶実施率(18日)

上半期は東北最少16件、県内の多重債務相談(16日:午後3時半)

秋田北地方の飲酒運転検挙者、10月は大館市で2人(15日)

本県チームは13位、第32回東日本女子駅伝(14日:午前零時)

今年最多の27人、10月の県内自殺者数(12日:午前零時)

命令書交付過去最悪、木造建築築工事の臨検(11日:午前零時)

メンチカツからO157、大館保健所管内で患者(11日:午前零時)

女子秋田北鷹は5位、東北高校駅伝競走大会(10日:午後1時半)

今年の県内特殊詐欺被害額、4年ぶり1億円未満か(8日:午前零時)

6人がメンバー入り、東日本女子駅伝で秋田北地方勢(7日:午後4時)

大館市の片貝家ノ下遺跡、13日に見学会(6日:午前零時)

県平均で2人超え、感染性胃腸炎定点患者数(5日:午前零時)

県声良鶏比内鶏金八鶏保存会、展示会で競う(5日:午前零時)

秋田犬の県北支部展、7年ぶり特優皆無(4日:午前零時)

秋田北地方は10人、秋の叙勲受章者発表(3日:午前5時)

北秋田市阿仁などで震度3、震源地は県内陸北部(2日:午後2時37分)

県内在住者は8人、秋の褒章受章者発表(2日:午前5時)

10月観測史上最多、秋田北地方の降水量(2日:午前零時)

県内交通事故死者数、3年連続40人未満はならず(1日:午後3時半)