令和2年5月-7月/経済

<7月>

3年7カ月ぶり1.25倍割れ、6月の県内有効求人倍率(31日)

11週ぶり値上がりに歯止め、レギュラーガソリン県平均(29日)

前年比減少率3カ月連続拡大、県内事業所の給与総額(27日)

前年比1.4倍強、大館能代空港の上半期貨物取扱量(21日)

前年同期比6割減、上半期の大館能代空港(18日:午前零時)

日銀秋田支店、「県内景気厳しさ続く」(17日:午後4時半)

秋田北地方から新会長、JAあきた中央会(16日:午後5時半)

前年比80.5%の大幅減、県内旅館・ホテル売上高(16日)

上期の業況感大幅悪化、コロナ影響一層深刻に(11日:午前零時)

県、全国とも8週連続値上がり、ガソリン(9日:午前零時)

東北2番目の低水準、上半期の県内倒産規模(8日:午後4時)

2年連続前年割れ、県内の上半期新車新規登録(8日:午前零時)

県内業況の悪化加速、日銀秋田支店の6月短観(2日:午前零時)

5年連続2万6,000円、大館市御成町3丁目の路線価(1日:午後6時)

<6月>

9カ月連続前年割れ、県内事業所現金給与総額(30日:午前零時)

納付率は全国6位、昨年度の県内国民健康保険料(29日)

生産活動が急速に低下、県鉱工業生産指数(26日:午前零時)

10年連続過去最多、県内障害者の就職件数(22日:午後4時半)

感染影響拡大で厳しい状態、県内景気(19日:午後3時半)

5月は最少記録を更新、大館能代空港の利用者数(17日)

前年比72.3%の大幅減、4月の県内旅館・ホテル売上高(15日)

コロナ拡大影響で悪化、4月の県内経済概況(11日:午前零時)

前年比4割以上の減少、先月の県内新車登録・届出(9日)

1カ月余ぶり120円超え、ガソリン県平均(4日:午前零時)

全国で200件を突破、コロナ関連経営破たん(3日:午後4時)

鹿角を除き軒並み減少、4月の県内住宅着工(2日)

<5月>

4月は1.34倍、県内有効求人倍率(29日:午後2時半)

8カ月連続前年割れ、県内事業所の3月給与(28日:午前零時)

昨年は2万3,100トン、県内産リンゴの収穫量(27日:午前零時)

利用者数は157人、大館能代空港GW期間(26日:午後2時)

県内の経済動向、コロナ影響一層厳しく(21日)

レギュラーガソリン、16週ぶり値上がり(20日:午後3時)

開港以来初の1,000人割れ、大館能代空港利用者数(19日)

コロナ拡大影響で弱い動き、県内経済概況(14日)

12年ぶり10万キロ突破、大館能代空港の貨物取扱量(12日)

4年ぶりに減少、秋田北地方の新設住宅着工(1日:午後5時)

※このページには広告を掲載しております。