令和2年2月-4月/経済

<4月>

平成28年10月以来の低水準、ガソリン県平均(30日:午後3時)

県内雇用、コロナで改善の動き弱まる(28日:午後3時)

3年半ぶり125円割れ、ガソリン県平均(23日:午前零時)

コロナ禍でほぼ半減、先月の大館能代空港利用者(22日)

新型コロナの影響拡大、日銀秋田金融経済概況(20日:午後4時)

県内各業種、3カ月先見通しは一層厳しく(13日)

2月から県内各業種に暗い影、新型コロナウイルス(10日)

県内は3年ぶり減少、昨年度の新車登録(9日:午前零時)

3年4カ月ぶり127円台、レギュラーガソリン県平均(8日:午後3時)

駆け込み需要の反動鮮明、秋田北地方の住宅着工(6日)

県内業況大幅悪化、感染拡大の影響で(1日:午後5時半)

<3月>

2年半ぶり1.4倍割れ、県内有効求人倍率(31日:午後6時)

前年比増を確保、2月の大館能代空港(30日:午後3時)

2年2カ月余ぶり140円割れ、レギュラーガソリン県平均(25日)

大館市は34位、東北の市町村別農業産出額(18日:午前零時)

県内建設業の受注額、前年比30%台の大幅減(17日)

レギュラーガソリン県平均、今年の最安値(12日:午前零時)

県内の2月倒産、負債額は全国2番目に少なく(9日)

5カ月ぶり減少に歯止め、先月の県内軽自動車新規登録(6日)

<2月>

過去1年間で最低、1月の県内有効求人倍率(28日:午前11時)

4カ月余ぶり149円割れ、レギュラーガソリン(14日:午前零時)

過去10年間の最悪タイ、1月の県内倒産件数(10日:午後3時)

大館市で全国初の知事認定、事業継続力強化支援計画(10日)

昨年の新設住宅着工、秋田北地方は4年ぶりに減少(3日)

※このページには広告を掲載しております。