令和元年11月-2年1月/経済

<1月>

7カ月ぶり1.5倍、県内の有効求人倍率(31日:午前11時半)

初の15万人突破、昨年の大館能代空港東京便(30日:午後4時)

県内3港は26回、昨年のクルーズ船寄港(23日:午後4時)

1年1カ月ぶり1,700円台、灯油県平均配達価格(22日:午後3時)

丸山建設を指名停止、国交省東北地方整備局(20日:午後4時)

県内建設業の受注額、半減近い低迷ぶり(16日)

県内倒産件数、少ない方から全国6番目(15日:午前零時)

昨年の県内新車登録、東北最大の減少率(10日:午前零時)

1カ月余ぶり1,600円超え、県平均灯油店頭(8日:午後5時半)

<12月>

県内の有効求人倍率、11月は1.45倍(27日:午前10時)

県内水稲の10eあたり収量、東北上位ならず(26日:午前零時)

大館能代空港東京便、初の15万人突破へ(25日)

県内の荒廃農地面積、初の800f超え(20日:午後5時半)

日銀秋田金融経済概況、9カ月連続判断据え置き(20日:午後4時)

県内の特定最低賃金、25日から引き上げ(18日)

長期療養者就職支援で協定、大館市病と大館職安(17日)

10月の県内経済、駆け込み需要の反動も(17日)

10月以降では最安値、灯油店頭県平均価格(11日:午後3時)

県北は581キロ、水稲10アールあたり収量(11日:午前零時)

本県の女性社長数、全国4番目に少なく(9日:午後4時)

東北の新車登録、駆け込み需要の反動弱まる(6日)

本県だけがじり貧、外国人延べ宿泊者数(5日:午後3時)

15年ぶり70%超え、高卒県内就職希望割合(3日:午前零時)

2年連続490戸台を確保、秋田北地方の住宅着工(3日:午前零時)

大館能代空港、利用実績に陰り(2日:午前零時)

<11月>

全国最高の伸び、本県の有効求人倍率(29日:午前11時半)

レギュラーガソリン県平均、高止まり状態(28日:午前零時)

2カ月連続前年割れ、県内事業所の給与総額(28日:午前零時)

駆け込みで前年の1.5倍以上、9月の県内家電品売上高(21日)

日銀秋田金融経済、8カ月連続判断据え置き(18日:午後4時半)

山形と並び東北最大の減少率、10月の県内新車登録(14日)

店頭は今年の最高値、県平均の灯油価格(14日:午前零時)

2年連続悪化見通し、県内企業「ボーナスDI」(12日:午前零時)

小坂町の菅原さん、職業能力開発関係厚労大臣表彰(12日)

先月は東北最少タイ、県内倒産件数(11日:午後2時半)

今年の最高値更新、レギュラーガソリン県平均(7日:午後2時半)

秋田北地方は受賞皆無、東北清酒鑑評会(6日:午後5時半)

鹿角は60%超え、来春高卒予定者の就職内定率(1日:午後5時)

2カ月ぶりに低下、県内有効求人倍率(1日:午前10時)

※このページには広告を掲載しております。