2017年8月/経済

<8月>

県北は「平年並み」、29年産水稲の作柄(31日:午前零時)

2週連続値下がり、レギュラーガソリン県平均(31日:午前零時)

前年並みの利用者数確保、お盆期間の大館能代空港(30日)

11カ月連続前年比増、県内事業所の現金給与総額(29日)

県北は今月5日、水稲の出穂期平年より遅く(28日:午後6時)

3年連続で減少、県内の観光入込客数(25日:午前零時)

7月では初の1万1,000人超え、大館能代東京便(22日:午後2時)

3週ぶり値上がり、レギュラーガソリン県平均(17日)

製造、建設は好調、県の6月経済動向調査(14日)

5週ぶり値下がり、レギュラーガソリン県平均(10日:午前零時)

国交省が実証実験採択、釈迦内PAを観光利用へ(9日:午後5時)

5カ月連続で増加、県内新車登録・届出台数(9日)

東北2番目の規模、7月県内倒産6件、8億3,200万円(8日:午後3時半)

秋田銀行は53.44%、県内企業のメインバンク比率(5日)

レギュラーガソリン県平均、4週ぶり上昇止まる(3日:午前零時)

2年ぶり2,000戸割れ、県内の上半期住宅着工(1日:午前零時)