BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和4年(2022年)9月20日付
昼前にかけて東北を通過へ
 
大型の台風14号
 
秋田地方気象台が警戒喚起

 

 秋田地方気象台が20日午前6時過ぎに発表した最新(第7号)の「台風14号に関する気象情報」によると、 同台風はきょう昼前にかけて東北を通過する見込みだ。このため、県内は昼前にかけて暴風や高波に警戒が求められる。また、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒するよう同気象台は呼びかけている。

 大型の台風14号は20日午前6時に山形市付近(推定)に上陸し、1時間に約55キロの速さで東北東へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。昼前にかけて東北を通過し、その後、日本の東で温帯低気圧に変わりそう。

 県内は北寄りの風が非常に強く吹き、海上ではうねりを伴った大しけとなる見込み。きょう予想される最大風速は沿岸海上で25メートル(最大瞬間風速35メートル)、同陸上と内陸で20メートル(同)、予想される波の高さ6メートルでうねりを伴う。

 また、県内は激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。台風の進路や雨雲の発達の程度によってはさらに雨量が多くなるため、警報級の大雨の可能性も。きょう予想される1時間降水量はいずれも多い所で沿岸、内陸とも40ミリ。きょう午前6時から21日同時刻までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で沿岸、内陸とも80ミリとみている。

 同気象台は「昼前にかけて暴風による交通障害、建物や農作物への被害などに警戒し、海上では高波による船舶や沿岸施設への被害などに警戒を」と喚起。昼過ぎにかけては、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒が求められる。

 午前6時10分現在、秋田北地方には大館、鹿角、北秋田、小坂、上小阿仁の全5市町村に暴風警報が出されているのに加え、大館市には大雨注意報を発令中。ただ、同現在、大館市などでは暴風はなく、未明から雨が降り続いている。
(午前6時10分)

※このページには広告を掲載しております。