BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和4年(2022年)7月11日付
石井氏が堂々3選

村岡氏に32,060票差で圧勝
 
参院選本県選挙区、5新人及ばず

 

ISHIIHIROO.JPG - 4,049BYTES 
3選を果たした
石井浩郎氏
 
MURAOKATOSHIHIDE.JPG - 10,300BYTES
敗北を喫した
村岡敏英氏
 

SASAYURIKO.JPG - 10,371BYTES
敗北を喫した
佐々百合子氏

FUJIMOTOYURI.JPG - 11,470BYTES
敗北を喫した
藤本友里氏

ITOMAMIKO.JPG - 10,749BYTES 
敗北を喫した
伊東万美子氏

HONDAYUKIHISA.JPG - 11,174BYTES
敗北を喫した
本田幸久氏
参院選本県選挙区の開票結果(敬称略)

当 石井浩郎(58)自民・現
194,949票(得票率42.66%)

次 村岡敏英(61)無所属・新
162,889票(得票率35.65%)

佐々百合子(46)無所属・新
62,415票(得票率13.66%)

藤本友里(43)共産・新
19,983票(得票率4.37%)

伊東万美子(51)参政・新
10,329票(得票率2.26%)

本田幸久(40)NHK・新
6,368票(得票率1.39%)

220711P.JPG - 126,194BYTES
早々と当確を決め、選挙事務所に集まった支援者らの前で決意を示す石井氏

3選を果たした石井氏の略歴

昭和39年6月 八郎潟町生まれ
昭和58年 秋田高卒。同年、早大入学
昭和62年 プリンスホテル入社
平成2年〜 近鉄、巨人、千葉ロッテ、横浜各選手
平成15年 日本テレビプロ野球解説者
平成16年 西武ライオンズ2軍監督
平成22年7月 参議院議員秋田選挙区で初当選
平成28年7月 参議院議員秋田選挙区で再選
現在 党副幹事長、議院運営委員会庶務関係小委員会委員長など

○当日有権者数833,368〇投票者数463,040〇投票総数463,045○有効456,933

〇無効6,092〇持ち帰り・不受理15〇投票率55.56%(男56.73%、女54.54%)

 第26回参院選の本県選挙区(改選数1)は10日、投票が行われ、即日開票の結果、自民党現職の石井浩郎氏(58)が無所属新人の村岡敏英氏(61)との事実上の一騎打ちを制し、堂々3選を果たした。ほかの4新人も独自の政策を掲げて懸命に支持を求めたものの、上位2人の争いに絡むことができなかった。

 先月22日に公示した今参院選の本県選挙区は、平成10年(1998年)以来24年ぶりに6人が立候補し、うち女性立候補者が複数だったのは今回が初めて。

 ロシアのウクライナ侵攻を受けた物価高騰対策や憲法改正、外交・安全保障政策、岸田文雄首相の政権運営など、また、県内では再生可能エネルギーを軸とする産業振興や農業政策などを焦点に18日間にわたって激戦が繰り広げられた。8日には安倍晋三元首相が奈良市で演説をしていた際に男に銃で撃たれて死亡する事件が発生し、政界はもとより国内外に大きな衝撃を与えた。

 3度目の当選を果たした石井氏は「豊かな日本をつくるには、地方から」を選挙スローガンに掲げ○農林産業を成長産業に○地方経済の元気を取り戻す○命と健康を守る○未来の投資「教育」の充実・スポーツを通じた健康で豊かな地域社会、の4点を柱とする公約を今選挙で掲げた。

 石井氏は自民党の組織力をフルに活用し、県議や本県出身の国会議員などの支援を得たのに加え、選挙運動中は岸田首相や菅前首相なども応援演説に駆けつけたほか、県内400以上の団体の推薦を受けたのが追い風となった。さらに、事実上与野党の一騎打ちとなった令和元年の前回選挙から一転、野党が一本にまとまらなかったことも後押ししたとみられる。

 早々と当確を決めた石井氏は午後8時10分ごろ、佐竹敬久知事や穂積志秋田市長、自民党県連会長の御法川信英衆院議員、金田勝年同、富樫博之同をはじめとする支援者ら約100人が集まる秋田市内の選挙事務所に姿を見せた。

 あいさつに立った石井氏は「選挙戦後半、本当に悲しい出来事が起きた。安倍晋三元総理が凶弾に倒れ、亡くなった。心からご冥福を祈る。本当に無念でならない。安倍元総理のご遺志は個人が継ぐというより自民党として継いでいくべきだと思っている。自民党の議員の一人として私も安倍先生のご遺志を継いで、これからがんばっていきたい」と故人に思いを馳せた。

 その上で「秋田県、そして市町村の皆さんと選挙戦中ずっと訴えさせてもらった。我々は連携できているんだと。国と県と市町村、これがしっかり連携できている数少ない都道府県だということを訴えさせてもらった。秋田県の諸課題はたくさんある。一人ではできない、と私も何度も何度も申し上げてきた。みんなで諸課題に挑戦していきたいと思う。県民の皆さんの負託にしっかり応えられるように精進していくので、引き続き支援を」と述べ、3期目当選に新たな決意を示した。

 今参院選は元衆議院議員の村岡氏と事実上の一騎打ちとなり、同氏は国民民主党から推薦を得たものの、石井氏に及ばなかった。支援者らが待つ秋田市内の選挙事務所に姿を見せた村岡氏は「私の力不足だった」などと敗戦の弁を述べた。

 立憲民主党の推薦を受けた無所属新人の佐々百合子氏(46)、共産党新人の藤本友里氏(43)、政治団体「参政党」新人の伊東万美子氏(51)、NHK党新人の本田幸久氏(40)らも及ばなかった。

 本県選挙区の投票率は男性56.73%、女性54.54%、男女平均で55.56%。令和元年(2019年)の前回を0.73ポイント下回り、通常選挙による参院選でこれまでの過去最低だった平成25年(2013年)を0.63ポイント下回った。 (午前零時) 前の関係記事

※このページには広告を掲載しております。