BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和3年(2021年)11月5日付
秋田北地方勢は4人

東日本女子駅伝の本県選手候補
 
14日、福島で2年ぶり開催
 
211105P.JPG - 80,404BYTES
東日本女子駅伝のポスター

 東日本女子駅伝競走大会(東北陸上競技協会など主催)の14日2年ぶり開催を前に、出場18都道県の選手候補がまとまった。本県チーム13候補のうち、秋田北地方勢は4人がエントリー。

 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、静岡の計18都道県のチームが覇を競う同大会は昨年、当初11月8日開催の予定が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止を余儀なくされた。

 第36回を数える今年は、感染者数減少やワクチン接種の進行などを踏まえながら今月14日に、例年と同様の福島市・信夫ヶ丘競技場発着の9区間、42.195キロで行う。

 本県チーム13候補のうち秋田北地方勢は藤田正由加(22)、萩野真紀(21)、野呂くれあ(20)の秋田北鷹出身者らと、大館国際3年の石垣真子(18)、のあわせて4人。

 過去4回の出場実績をもつ藤田は、一昨年の第35回大会で初めて1区(6キロ)を任されたものの、14位と出遅れた。また、過去2回出場している萩野は、今回選手入りすれば第32回以来4大会ぶり。さらに、野呂と石垣は初の選手入りが期待される。

 本県チームは平成23年(2011年)の第27回大会で8位と26年ぶりに入賞して以降、第28回と第34回の各10位が最高。一昨年は2時間27分11秒、12位に終わっており、2年ぶり開催の今回はさらなる奮起が望まれる。号砲は零時半の予定。本県チームの選手候補は下段のとおり。

  藤田正由加(22)ルートインホテルズ・秋田北鷹高出

 萩野 真紀(21)ルートインホテルズ・秋田北鷹高出

 野呂くれあ(20)名城大2年・秋田北鷹高出

 石垣 真子(18)大館国際情報学院高3年

  武内わかな(20)東北福祉大3年・横手清陵学院高出

 阿部 円海(18)横手清陵学院高3年

 吉川 真央(18)大曲高3年

 姉ア りん(16)横手清陵学院高2年

 新山 愛乃(16)湯沢高1年

 菅原 苺波(15)大曲高1年

 本間 翔子(15)城東中3年

 小林 夕尋(15)男鹿東中3年

 小松  蒼(14)雄勝中2年

※このページには広告を掲載しております。