BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和3年(2021年)4月6日付
「前へ!」と決意新たに

北秋田市の津谷市長
 
市選管が当選証書付与
 
210406P.JPG - 30,811BYTES
津谷選管委員長から当選証書を渡される津谷市長(左)

 

 先月28日に告示された北秋田市長選で当選した津谷永光市長は5日、市選挙管理委員会から当選証書を付与され、名実ともに4期目をスタートさせた。

 今市長選は当初から対立候補擁立の動きがなく、先月28日の告示時点で津谷氏の4期連続当選、うち2回連続無投票同が確定。翌29日の午前11時に当選後初登庁し、同氏は当選前と変わらず精力的に市長の執務をこなしてきた。

 5日は市役所内で当選証書付与式を行い、市選挙管理委員会の津谷憲司委員長が津谷市長に同証書を手渡した。3期目の任期満了は今月16日ながら、事実上の4期目に入った同市長は「初心忘れず、コロナ禍を乗り越え明るい北秋田市を目指し『前へ!』進んで参ります」と新たな決意をみせている。この日は、市議補欠選で無投票初当選を飾った永井昌孝氏(39)にも当選証書が付与された。(午前零時)     前の関係記事

※このページには広告を掲載しております。