2018年
12月の記事

平成最後の大みそか、日中は断続的に降雪(31日:正午)

黒澤は区間3位の活躍、大学女子選抜駅伝(31日:午前零時)

3年連続4,000戸突破、今年の県内新設住宅着工(28日)

黒澤の2年連続出場に期待、30日に大学女子選抜駅伝(28日)

灯油県平均、店頭1,600円、配達1,700円割る(27日:午後3時)

県内建設業の受注額、乱高下傾向際立つ(27日)

今年の県内土砂災害、東北で2番目に多い14件(26日)

2カ月ぶり改善、10月の県鉱工業生産指数(26日)

日本海側降雪量ほぼ平年並み、東北の3カ月予報(25日)

豪風は東十両12枚目、初場所新番付発表(25日:午前7時)

佐藤、土濃塚2種目入賞、学生スキークロカン(24日:午前零時)

休日夜間急患は4医療機関、年末年始の救急医療体制 (24日)

14カ月連続判断据え置き、日銀秋田金融経済概況(21日:午後7時)

秋田北地方は220人余減少、1日現在の人口(21日:午後2時)

大館能代空港東京便、初の14万人突破確実(20日:午後4時)

24日から引き上げ、県内の特定最低賃金(20日)

7カ月ぶり150円割れ、県内レギュラーガソリン(19日:午後2時半)

23日に小坂アカシアスプリント、8部門に77選手(19日)

今年の県警検挙率、2年連続70%台が視野に(18日)

ユースエール認定、大館市社会福祉事業団も(18日:午前零時)

2年連続県内1位に王手、飲酒運転調査で上小阿仁村(17日)

全国中学駅伝、女子鷹巣は3年ぶり入賞(17日:午前零時)

2四半期ぶり悪化、日銀秋田支店の短観(14日:午後5時半)

県の雪下ろし注意情報、内陸北部に発表(14日:午前零時)

流行期に突入、県内のインフルエンザ(13日:午後3時)

3カ月ぶり2ケタ増、11月の県内新車登録(13日)

灯油18リットル県平均、前年との価格差100円台に(12日:午後4時)

今年の県内特殊詐欺、認知件数5年間で最少か(12日)

統計初200人以下に微かな期待、今年の県内自殺者数(11日)

16日に全国中学駅伝、女子鷹巣は6年連続出場(11日:午前零時)

大館Jrアスリートは25位、全日本小学クロカンリレー(10日)

件数で悪化、負債額で改善、11月の県内倒産 (10日)

16日に基本合意書調印式、タイから東京パラの事前キャンプ(7日)

秋田北地方は小坂小・中、キャリア教育で文科大臣表彰(7日)

県代表に大館Jrアスリート、全日本小学クロカンリレー(6日)

3カ月ぶり151円台、レギュラーガソリン県平均(6日:午前零時)

年末の交通安全運動、県内で11日から10日間展開(5日)

今年の県内出火件数、20年間で2番目の低水準へ(5日)

佐藤議員が知事に質問、秋田犬で国際的歴史・文化交流(4日)

秋田北地方の11月気象、温暖多照少雨(4日:午前零時)

「一体的に進める」と知事、十和田湖畔道路改良(3日:午後4時)

大館市の広報12月号、積雪期迎え4ページ立て特集(3日)
BANNER.JPG - 3,827BYTES