2018年
10月の記事

作況指数96に下方修正、県内の30年産水稲(31日:午後6時)

9週ぶり値下がり、レギュラーガソリン価格(31日:午後2時半)

過去3番目の高水準、県内有効求人倍率(30日:午前11時半)

9月は1年2カ月ぶり皆無、大館市の飲酒運転検挙者(30日)

豪風は東十両9枚目、大相撲九州場所新番付(29日:午前6時半)

北秋田市ふるさと大使就任、俳優の高橋さん(29日:午前零時)

過去1年間で最低、8月の県鉱工業生産指数(26日)

昨年度は約1,000件、県内の人工妊娠中絶(26日:午前零時)

金足農の経済効果5億円、日銀秋田支店が試算(25日:午前零時)

全国高校バスケットボール県予選、あす開幕(25日:午前零時)

約4年ぶりの高値、レギュラーガソリン県平均(24日:午後3時半)

「少ない」高確率も「平年並み」、今冬の日本海側降雪量(24日)

2年連続1万4000人突破、県内年間人口減少数(23日:午後2時半)

プロボクサー中嶋、またも"勝利の女神"見放す(23日)

9月初の1万5,000人超え、先月の大館能代空港東京便(22日)

高校駅伝県予選女子、北鷹は7秒差で全国逃す(22日:午前零時)

鳳鳴が秋田中央に大惨敗、ラグビー県予選準決勝(20日:午後5時)

女子障害の関本に期待、U20・U18日本陸上選手権(20日:午後5時半)

大館桂桜は能代工と合同、高校新人ラグビー11月1日開幕(19日)

秋田北地方は4人が受賞、「あきたの文芸」(19日:午後3時)

26日から春高バレー県予選、秋田北地方勢は男女各6校(18日)

2カ月連続大幅減、県内建設業の受注額(19日)

3年11カ月ぶり157円超え、レギュラーガソリン(17日:午後3時)

第141回県種苗交換会30日開幕、9年ぶり秋田市会場(16日)

7カ月ぶり前年比増、9月の県内建物火災(16日)

秋田北地方勢総敗退、全国高校サッカー県大会(15日:午前零時)

本県女子は準決勝敗退、Jr五輪陸上リレー(15日:午前零時)

成田は4位、Jr五輪陸上女子A100メートル(13日:午後3時37分)

秋田北地方から2氏、危険業務従事者叙勲(13日:午前5時)

前年比減少数50人目前、今年の県内累計自殺者数(12日)

3カ月連続増も一気に鈍化、県内新車登録・届出台数(12日)

3年11カ月ぶり156円超え、レギュラーガソリン県平均(11日)

Jr五輪陸上あす開幕、成田らの活躍に期待(11日:午前零時)

秋田経済研究所の「県内経済」、持ち直しの動き続く(10日)

日照時間は月観測史上上位、9月の秋田北地方(10日)

天皇杯38位、皇后杯39位、本県の国体総合順位(9日:午後2時半)

23件、34億3,000万円、県内本年度上半期倒産(9日:午後2時半)

少年男子Aハンマー投で高野、惜しくも入賞逃す(8日:午後3時半)

平均妥結額63万1,502円、県内民間労組夏のボーナス(8日)

小林は精彩欠き7位、成年男子1万メートル競歩(7日:午後3時)

県内昼前にかけて暴風か、台風は温帯低気圧に(7日:午前6時)

黒澤が準V、国体少年男子B100メートル(6日:午後5時半)

関本は決勝進出、福井国体成年女子400メートル障害(5日)

鳳鳴と桂桜が対戦、13日から全国高校ラグビー県予選(5日)

競歩の小林らに期待、福井国体あすから陸上競技(4日)

5週連続値上がり、レギュラーガソリン県平均(4日:午前零時)

ふるさとあきたラン! 選手候補出そろう(3日:午前零時)

件数、被害額とも大幅改善、県警の特殊詐欺認知(3日)

国体フェンシング、少年男子フルーレ本県7位入賞(2日:午後4時)

秋の交通安全運動、2年連続の死者ゼロならず(2日)

国体フェンシング、成年男子フルーレ本県優勝(1日:午後7時半)

7四半期連続プラス、日銀秋田支店の9月短観(1日:午後5時)
BANNER.JPG - 3,827BYTES