2018年
7月の記事

2カ月連続1.51倍、県内有効求人倍率(31日:午前11時半)

2年連続2,000戸割れ、上半期の県内住宅着工(31日:午後4時半)

いたずらが顕著に増加、県警の上半期110番(30日)

2地点で今夏初36度超え、五城目、鷹巣(30日:午前零時)

鷹巣は2日連続猛暑日、26観測地点中唯一(28日:午前零時)

大館東4強ならず、全県少年野球準々決勝(28日:午前零時)

大館と鷹巣で猛暑日、26観測地点中今夏初(27日:午前零時)

大館東8強、花輪一、下川沿敗退、全県少年野球(27日:午前零時)

東北の3カ月予報、今秋は「残暑」の可能性も(26日:午前零時)

北陽は初戦敗退、全県少年野球開幕(26日:午前零時)

上半期の最多記録更新、大館能代空港東京便利用(25日:午前零時)

秋田北地方は11万7,426台、29年度末保有車両数(25日:午前零時)

造成地マップ未公表、秋田北地方は大館市だけ(24日:午前零時)

6月は97人減少、秋田北地方の人口(24日:午前零時)

県内新成人先細りの一途、本年度は9,649人(23日:午後3時半)

4勝11敗で負け越し、大相撲名古屋場所で豪風(23日:午前零時)

大館鳳鳴サヨナラ負け、夏の甲子園秋田大会(21日:午後3時)

秋田北地方は75.3%、上半期の検挙率(21日)

9カ月連続判断据え置き、日銀秋田金融経済概況(20日:午後4時半)

東北北部が梅雨明け、平年より8日早く(20日:午前11時10分)

北海道・北東北の縄文遺跡群、新候補に(19日:午後4時半)

大館鳳鳴8強入り、夏の甲子園秋田大会(19日:午前11時55分)

上半期の飲酒運転、秋田北地方は前年比悪化(18日)

2つの教育関係フォーラム、10月と11月に大館市で(18日)

件数、被害額とも改善、上半期の県内特殊詐欺認知(17日)

製造業は堅調な伸び、県の経済動向調査結果(17日)

大館鳳鳴サヨナラ勝ち、夏の甲子園秋田大会(16日:午後2時)

秋田北地方勢は3校敗退、夏の甲子園秋田大会(16日:午前零時)

陸上U20世界選手権女子リレー、関本は3走(14日:午後6時40分)

十和田圧勝、花輪大敗、夏の甲子園秋田大会(14日:午後4時20分)

10年間で初の100人未満、上半期の県内自殺者数(13日)

関本は決勝進出ならず、陸上U20世界選手権(13日:午前8時半)

北鷹が初戦突破、夏の甲子園秋田大会開幕(12日:午後2時45分)

動物取扱責任者研修会、7年ぶり「災害」もテーマに(12日)

関本は準決勝進出、陸上U20世界選手権(11日:午後5時10分)

秋田経済研究所、「県内経済持ち直し続く」(11日:午前零時)

芝谷地湿原のノハナショウブ、見納めの時期に(10日:午後5時)

夏の交通安全運動、県内で来月1日スタート(10日:午前零時)

統計開始以来最少タイ、県内の上半期倒産件数(9日:午後4時半)

18日に20周年記念式典、大館能代空港(9日:午前零時)

8日明け方にかけ大雨か、気象台警戒喚起(7日:午後4時40分)

前年水質を維持、秋田北地方側の米代川(7日)

件数、死者、負傷者とも減少、上半期の県内火災(6日)

お客様スーパー、北秋田市と大仙市で来月説明会(6日)

5カ月ぶり前年割れ、県内の新車登録・届出台数(5日)

国交省鷹巣出張所、降雨観測精度向上へ(5日:午前零時)

県内は約4,800台、タカタ製エアバッグ未改修(4日:午後5時)

今月から試験的に入館無料、北秋田市の2施設(4日:午前零時)

県内の新設住宅着工戸数、半年ぶり持ち直す(3日:午前零時)

本県の最低賃金、あす本年度最初の審議会(3日:午前零時)

6四半期連続プラス、日銀秋田支店の6月短観(2日:午後5時)

大館市は33.4度、21地点で今年の最高気温更新(2日:午前零時)
BANNER.JPG - 3,827BYTES