2018年
6月の記事

北秋田は24日、鹿角は26日、高校3年生の地元企業説明会(30日)

2カ月ぶり低下、4月の県鉱工業生産指数(30日)

5月は1.51倍に低下、県内有効求人倍率(29日:午後8時)

秋田北地方は県内最多地域、感染性胃腸炎(29日:午前零時)

3週ぶり値上がり、レギュラーガソリン県平均(28日:午前零時)

鹿角市で25.7b、県内最高の最大瞬間風速(28日:午前零時)

クマ出没警報を発令、県が注意報を格上げ(27日:午前零時)

大館能代空港20周年、7月22日に記念イベント(27日:午前零時)

「暑い夏」の可能性大、東北の3カ月予報(26日:午前零時)

21カ月連続増、県内事業所の現金給与総額(26日:午前零時)

豪風は2場所ぶり幕内転落、大相撲名古屋場所(25日:午前7時10分)

安保は6位入賞、日本陸上男子円盤投げ(25日:午前零時)

関本は終盤失速予選落ち、日本陸上女子400b障害(23日:午後6時)

秋田北地方の人口、今秋にも14万人割れか(23日:午前零時)

小舘は6位入賞、日本陸上女子ハンマー投げ(22日:午後4時半)

5月の最多更新、先月の大館能代東京便利用者(22日:午前零時)

「きわめて慎重に対応」、地上イージス問題で知事(21日:午前11時)

鳳鳴と桂桜はシード校、夏の甲子園秋田大会(21日:午後5時半)

2週連続値下がり、レギュラーガソリン県平均(20日:午後2時半)

小坂町は県内18位に後退、先月の飲酒運転調査(20日)

秋田北地方勢は4選手、22日から日本陸上選手権(19日)

2カ月連続前年比減、県内の出火件数(19日)

8カ月連続判断据え置き、日銀秋田金融経済概況(18日:午後4時)

大館市の議会報告会、今年は7月5日にスタート(18日)

小舘が初優勝、日本学生陸上女子ハンマー投げ(16日:午後7時)

秋田北地方の労災死傷者数、昨年は4年ぶり200人割る(16日)

工藤が決勝進出、日本学生陸上男子400b(15日:午後6時)

ほぼ倍増の飛躍的伸び、県内建設業の受注額(15日)

大雨被害関係などに配分、県の6月補正予算案(14日:午後6時)

年度末に立ち遅れ、県内市町村の空家等対策計画(14日:午前零時)

高齢者交通死亡事故多発注意報を発令、県(13日:午後5時)

9週ぶり値下がり、レギュラーガソリン県平均(13日:午後2時半)

8カ月連続前年比減、県内の自殺者数(12日:午後3時半)

持ち直し続く、秋田経済研究所の「県内経済」(12日:午前零時)

東北北部も梅雨入り、平年より3日早く(11日:午前11時10分)

関本は終盤失速5位、アジアジュニア陸上(11日:午前零時)

全国3番目の高比率、本県の「買い物弱者」(9日:午前零時)

9月に康楽館で松井誠特別公演、22日から個人前売(9日)

件数は東北最少タイ、先月の県内倒産(8日:午後2時半)

小坂町のアカシア祭り、第35回あす開幕(8日:午前零時)

10年間で最低5.4倍、県公立学校教員採用志願倍率(7日:正午)

軽自動車が半年ぶり減、県内の新車登録・届け出台数(7日)

3年5カ月余ぶり150円突破、レギュラーガソリン県平均(6日)

県内特殊詐欺認知累計被害額、5月中に2,000万円突破(6日)

大館市の6月定例会開会、福原市長が行政報告(5日:午後3時)

県内から尾去沢里山自然の会、環境大臣表彰(5日:午後6時)

5カ月連続減少、県内の新設住宅着工戸数(4日)

大館市の田代名産たけのこ祭り、10日に開催(4日)

月降水量は記録的多さ、先月の秋田北地方(2日:午前零時)

増加率は全国最悪、県内の交通事故死者数(2日:午前零時)

3年連続全国最悪、本県の自殺による死亡率(1日:午後3時半)

ふるさと踊りと餅っこまつり、北秋田市で3日(1日:午前零時)
BANNER.JPG - 3,827BYTES