2017年
5月の記事

3週ぶり値下がり、レギュラーガソリン県平均(31日)

今年第1号の患者、秋田北地方のツツガムシ病(31日:午前零時)

統計史上初1.3倍超え、県内の有効求人倍率(30日:正午)

明桜が9年ぶり頂点、春季高校野球県大会(30日:午後3時)

ふるさと踊りと餅っこまつり、北秋田市で6月4日(29日)

県内のエイズ相談300件割れ、6月1日からHIV検査普及週間(29日)

13場所ぶり11敗、大相撲夏場所で豪風(28日:午後4時半)

8カ月連続前年比増、県内事業所の現金給与総額(28日)

鳳鳴は横手に惜敗、春季高校野球県大会(27日:午前零時)

県内初の地理的表示、大館とんぶり(27日:午前零時)

大館桂桜は初戦敗退、春季高校野球県大会(26日:午前零時)

2カ月連続100超え、県鉱工業生産指数(26日:午前零時)

2カ月連続判断据え置き、日銀秋田の金融経済概況(25日:午前零時)

東北最高値タイ、レギュラーガソリン県平均価格(25日:午前零時)

8月の気温「高い」、東北は猛暑の可能性も(24日:午後3時)

本県は2年連続皆無、ホームレスの数(24日:午前零時)

平均点は59点、県公立高校入試一般選抜結果(23日:午後6時)

県人口192人減少、自然減を社会増で補えず(23日:午前10時)

ナイトガーデンは今年も3日間、6月3日から大館バラまつり(22日)

田代名産たけのこ祭り、今年は6月11日に開催(22日)

全国最低の2.5%、本県の新設法人率(21日:午前零時)

大館署は県内2番目の高さ、4月末現在の検挙率(21日)

県内の免税店95店、全国4番目に少なく(20日:午前零時)

4月では過去最多利用者、大館能代空港東京便(20日:午前零時)

県内の今春高卒者就職内定率、全国を0.5ポイント上回る(19日)

利用者数は5,603人、大型連休期間の大館能代空港(19日)

過去1年間で最高の伸び、県内の輸送機械生産額(18日)

小坂町のアカシアまつり、今年は6月10日開幕(18日)

北秋田市は県内ワースト2、県の飲酒運転調査(17日)

6週ぶり133円台、レギュラーガソリン県平均(17日)

「緩やかに持ち直している」、3月の東北経済(16日:午後4時半)

県内の今冬ガンカモ類確認数、減少率は25.4%(16日)

昨年度は33件、県内の多重債務相談(15日:午後5時半)

県内の特殊詐欺被害認知、累計で顕著な悪化(15日:午後5時半)

6月4日に51年目の十和田湖山開き、24日まで参加受付(14日)

家屋の大敵シロアリ、県内も本格的活動期へ(14日)

自薦、他薦で11人超の49人応募、北秋田市の農業委員(13日)

約4割で整備要員不足、東北の自動車整備事業場(13日)

3カ月連続前年比減、4月の県内自殺者数20人(12日:午後6時)

死者数は東北唯一増加、県内の運送事業自動車重大事故(12日)

4月は4件、2億700万円、県内の倒産規模(11日:午後9時)

4月末現在で59人、秋田北地方の労災負傷者数(11日)

本県は東北最大の落ち込み、震災後の貨物出荷量(10日:午前零時)

レギュラーガソリン県平均、2週ぶり値下がり(10日:午後2時半)

過去1年間で初の2ケタ増、4月の県内新車登録(9日:午後4時半)

2日連続発生届出、県内のツツガムシ病患者(9日:午後5時)

秋田北地方勢は6校、春の高校野球県内地区大会11日開幕(8日)

大館市の「出前講座」、本年度は18日スタート(8日)

4月観測史上の上位を記録、大館と鷹巣の月平均気温(5日)

一致指数は2カ月ぶりに上昇、県景気動向指数(5日)

本県は6年連続全国最低、子どもの割合10.3%(4日:午後5時)

大館市で秋田犬本部展、熱気の中、完成度競う(4日:午前零時)

大館って城下町? 3割近くが「知らない」(3日:午前零時)

7週ぶり値上がり、レギュラーガソリン県平均(3日:午前零時)

3年ぶりに増加、秋田北地方の28年度住宅着工(2日:午前零時)

4月末現在全国最少4人、県内の交通事故死者数(2日:午前零時)

大館市の広報5月号、「チャレンジデー」に向け特集(1日)

豪風は東前頭6枚目、大相撲夏場所新番付(1日:午前7時45分)
BANNER.JPG - 3,827BYTES