2016年
7月の記事

夏を彩る小坂七夕祭、にぎやかに8月6日開幕(31日)

6月は3人を検挙、秋田北地方の飲酒運転(31日)

大館Jrが4連覇、浅利純子杯鹿角駅伝小学女子(30日:午後6時)

4地点で34度超え、県内の最高気温(30日:午前零時)

2カ月連続1.18倍、県内の有効求人倍率(29日:午後2時半)

東北が梅雨明け、北部は平年より1日遅く(29日:午前11時半)

単独全国最安値、レギュラーガソリン県平均(28日:午前零時)

全県少年野球準々決勝、十和田は4強逃す(28日:午前零時)

男80.79歳、女87.05歳、日本人の平均寿命(27日:午後5時)

6月は154人減少、秋田北地方の人口(27日:午前零時)

十和田が8強入り、全県少年野球第2日(26日:午後5時)

10地点で今年最高、県内の最高気温(26日:午前零時)

北陽、鷹巣は初戦敗退、全県少年野球(25日:午後4時25分)

東北の3カ月予報、9月は残暑の見込み(25日:午後4時半)

豪風は6勝9敗で負け越し、大相撲名古屋場所(24日:午後4時6分)

上半期の県内非行少年、減少の度を強める(24日)

高校野球秋田大会準決勝、大館国際は決勝逃がす(23日:正午)

妥結額は加重平均で4,819円、県内の民間労組春季賃上げ(23日)

大館国際が4強入り、高校野球秋田大会(22日:午後2時45分)

本県は来月1日から10日間、夏の交通安全運動(22日)

大館市の片貝遺跡、8月6日に見学会(21日:午前零時)

今年も改善傾向、県警へのいたずら110番(21日:午前零時)

秋田北地方は80%台に上昇、秋田北地方の検挙率(20日:午前零時)

十和田IC〜碇ヶ関IC30周年、29日に記念フォーラム(20日)

前年の1.5倍を確保、県内建設業の受注額(19日)

27日から観劇券窓口発売、10月の康楽館歌舞伎(19日)

6月の県内は30人、熱中症による救急搬送人員(16日:午前零時)

第69回十和田八幡平駅伝、今年も8月7日に号砲(16日:午前零時)

3年連続5万人超え、上半期の大館能代空港利用者(15日)

上半期の県内建物損壊、2年連続100棟超え(15日)

16地点で今年最高、13日の県内最高気温(14日:午前零時)

第10次県交通安全計画案、あすまで意見募集(14日)

2週ぶり値下がり、レギュラーガソリン県平均(13日:午後2時半)

14年ぶり横ばいに近い水準、県内の給油所数(13日:午前零時)

上半期の県内自殺者数、前年比15人減の126人(12日:午後3時半)

北秋田市の綴子神社祭典、上町当番で14日開幕(12日)

ついに500件突破、県内のクマ目撃情報件数(11日:午後3時)

全国13番目の規模、県内の27年水害被害額(11日:午後5時)

石井氏が2期目当選、参院選秋田選挙区(10日:午後11時38分)

現職石井氏が早々と当確、参院選秋田選挙区(10日:午後8時半)

参院選舌戦に幕、秋田選挙区は事実上の一騎打ち(9日:午後8時)

芝谷地湿原のノハナショウブ、見納めの時期に(9日:午前零時)

少ない方から全国15番目タイ、上半期の県内倒産件数(8日)

10日まで参加者募集、8月7日に第30回「ピアノマラソン」(8日)

上半期は前年比大幅減、県内の特殊詐欺被害認知(7日:午後3時)

減少率3カ月連続20%台、県内の軽自動車登録台数(7日:午前零時)

3週ぶり値上がり、レギュラーガソリン県平均(6日:午後4時半)

気象台が警戒喚起、1時間に60ミリの予想も(6日:午前7時)

大館市で教育ワークショップ、8月26日から2日間(5日)

秋田労働局長表彰、秋田北地方は1事業場、1個人(5日)

高速道路でも気をつけて、「クマっぷ」で注意喚起(4日)

一致は2カ月ぶり上昇、4月の県景気動向指数(4日)

約4割がハラスメント、県内労働者からの相談(3日:午前零時)

平年の70%台、秋田北地方の6月日照時間(3日:午前零時)

統計史上最高1.18倍、5月の県内有効求人倍率(2日:午前零時)

全国4番目の高増加率、県内上半期交通事故死者数(2日:午前零時)

2四半期連続マイナス、日銀秋田支店の6月短観(1日:午後5時半)

大館市御成町3丁目に変更、大館管内の最高路線価(1日:午後4時)