BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)11月19日付
藤田と萩野も候補入り

ルートインホテルズ
 
22日に全日本実業団女子駅伝
 
201119P.JPG - 121,178BYTES
クイーンズ駅伝in宮城のポスター

 「クイーンズ駅伝in宮城」第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催)は、22日に宮城県で行う。秋田北地方出身は、ルートインホテルズの藤田正由加(21)=秋田北鷹高出=と萩野真紀(20)=同=が、前回に続いて選手候補10人に入った。

 実業団の駅伝女子日本一を争う同大会は、日本三景のひとつ松島(松島町文化観光交流館前)をスタートし、弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)までの6区間(1区7.6キロ、2区3.3キロ、3区10.9キロ、4区3.6キロ、5区10キロ、6区6.795キロ)、42.195キロで覇を競う。

 出場するのは前回大会8位までのシードチームと、先月18日に福岡県宗像、福津両市で行った「プリンセス駅伝in宗像・福津」第6回全日本実業団対抗女子駅伝予選会14位までの計22チーム。

 前回の全日本実業団対抗女子駅伝競走大会でルートインホテルズは、2区まで1ケタ順位の力走をみせたものの、3区で19位に大きく後退。4区、5区各17位、そして2年連続出場で初のアンカー6区を任された藤田の巻き返しが期待されたが、区間順位21位とまったく精彩を欠き、2時間21分6秒、18位でフィニッシュした。

 一方、第6回全日本実業団対抗女子駅伝予選会でルートインホテルズは2時間20分45秒で27チーム中8位に食い込み、第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会の出場権を得た。藤田は5区(通過順位7位、区間同6位)、萩野はアンカー6区(通過同8位、区間同18位)をそれぞれ担った。

 抜群の走りをみせたのは3区で区間1位のパウリン・カムルで、前回の全日本実業団対抗女子駅伝競走大会でも4区で区間1位と突出。"屋台骨"のパウリン・カムルの起用は今回も確実なほか、藤田の3年連続出場も手堅いとみられる。

 また、今予選会で区間18位と今ひとつながらも、アンカー起用はルートインホテルズの萩野に対する期待の大きさをうかがわせており、初出場の可能性を残している。号砲は午後零時15分。

※このページには広告を掲載しております。