BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)10月4日付
関本は6位に終わる

女子400メートル障害
 
日本陸上競技選手権大会閉幕
201004P.JPG - 124,164BYTES
女子400メートル障害で関本(画像左)は6位

 

 新潟市のデンカビッグスワンスタジアムを主会場とする第104回日本陸上競技選手権大会(日本陸上競技連盟主催)は3日、3日間の全日程を終え、閉幕した。女子400メートル障害で前回3位表彰台に立った関本萌香(大館鳳鳴高-早大3年)は同日決勝に臨んだものの、左脚の負傷から復調せず8選手中6位に終わった。

 大会事務局が作成した女子400メートル障害決勝の結果は下段のとおりだが、決勝進出者8選手中半数の4人を早大勢で占めた。うち関本は、前回3位に食い込んだ57秒73より0秒16遅い57秒89で6位と精彩を欠いた。

 関本はさる8月のセイコーゴールデングランプリ陸上2020東京の同種目で、自身2位の記録となる57秒51で見事頂点に。しかし、その後左脚を負傷し、2冠を目指してエントリーしていた先月の天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)の同種目を棄権。 今日本陸上での復調が期待されたが、予選から今ひとつスピードに乗りきれず、決勝では8月に続く2冠はもとより2年連続の表彰台に届かなかった。 (午前零時) 前日の関係記事

レーン 競技者名 所属
所属地
記録 順位 コメント
6 イブラヒム アイシャ
イブラヒム 愛紗
札幌国際大
神奈川
56.50 1 PB(自己新記録)
9 ウツノミヤ エリ
宇都宮 絵莉
長谷川体育施設
兵 庫
57.09 2
7 イトウ アキコ
伊藤 明子
セレスポ
東 京
57.34 3
5 ヤマモト アミ
山本 亜美
京都橘高
京 都
57.43 4 PB(自己新記録)
4 コヤマ カナ
小山 佳奈
早稲田大
神奈川
57.44 5 PB(自己新記録)
3 セキモト モエカ
関本 萌香
早稲田大
秋 田
57.89 6
8 ツガワ ルイ
津川 瑠衣
早稲田大
東 京
58.21 7
2 カワムラ ユウカ
川村 優佳
早稲田大
東 京
58.38 8 PB(自己新記録)

※このページには広告を掲載しております。