BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)10月3日付
今年は2日間の分散開催

大館市比内中の学校祭

コロナ予防対策を徹底

201003BP.JPG - 234,559BYTES 
2日間の分散形式で3日開幕した大館市比内中の学校祭

 大館市比内中(木村伸校長・生徒186人)の学校祭が3日、2日間の分散開催で始まった。分散は、新型コロナウイルス感染防止対策の一環。規模も縮小するなど例年と異なる形式ながら、生徒らは日頃の学習、練習成果をのびのびと披露している。

 同校は今年、従来の1日集中開催の「比内中祭」を午前中だけの2日間分散開催にしたほか、体育館の学芸発表を参観者の入れ替え制とし、来賓も合唱祭の審査員3人に限定するなどコロナ予防対策を徹底。

 生徒会の横渕文佳副会長は3日、体育館での学芸発表に先立って保護者など参観者にコロナ感染予防への協力を呼びかけるとともに、「2日間とも見どころがたくさんある。最後まで楽しんで」と歓迎のあいさつ。

 例年ステージ上で行う校歌斉唱は、生徒の定位置から参観者席を向いて合唱した。また、クラス単位の合唱祭と、2年生による演劇では生徒らがのびのびと練習の成果を披露し、参観者から温かい拍手を浴びた。

 各教室と講堂に開設した展示部門では、参観者が生徒らの作品や一人勉強ノートなどを熱心に鑑賞。あす4日は吹奏楽部の演奏や3年生の演劇に続き、「比内中学校賛歌」の全校合唱で2日間を締めくくる。  (午後2時)  

※このページには広告を掲載しております。