BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)10月3日付
小舘は3位表彰台

女子ハンマー投げ
 
日本陸上競技選手権大会第2日
 
女子400b障害で関本決勝へ

 

 新潟市を会場とする第104回日本陸上競技選手権大会(日本陸上競技連盟主催)第2日は2日、表彰台が期待される秋田北地方出身の2選手が各競技に臨んだ。うち女子ハンマー投げ(決勝)に出場した小舘充華(花輪高-流通経済大4年)は3位で、前回から1つ後退。また、関本萌香(大館鳳鳴高-早大3年)は女子400メートル障害で予選を通過。

 女子ハンマー投げは、デンカスワンフィールドで行った。大会事務局が作成した結果は下段のとおりだが、小舘は6投中2投目の60メートル80が最高で3位。61メートル37で準優勝だった前回に及ばなかった。また、先月の天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権大会に続く2冠はならなかった。頂点に立ったのは前回に続いて渡邊茜(丸和運輸機関)で、前回の64メートル59から64メートル84に記録を伸ばした。

 女子400メートル障害は、デンカビッグスワンスタジアムで予選を行った。前回3位の関本は、3組からなる予選の第3組に出場。59秒19で同組7選手中3位と決勝進出上位2人に食い込めなかったものの、タイムで同進出をものにした。決勝は、3日午後4時10分から行う予定。(午前零時)

試技 No 競技者 所属
所属地
1 2 3 4 5 6 記録 順位 コメント
6 88 ワタナベ アカネ
渡邊 茜(91)
丸和運輸機関
福 岡
62m79 63m90 62m06 64m84 62m37 64m44 64m84 1
11 28 カツヤマ ヒトミ
勝山 眸美(94)
オリコ
東 京
× 59m21 × 61m08 62m47 × 62m47 2
1 322 コダテ ミハル
小舘 充華(98)
流通経済大
秋 田
58m51 60m80 58m84 59m69 60m66 59m06 60m80 3
2 43 サエキ タマミ
佐伯 珠実(93)
チャンピオン
滋 賀
57m83 × 56m39 58m37 59m86 59m85 59m86 4
9 105 ムラカミ ライカ
村上 来花(04)
弘前実高
青 森
57m31 58m22 59m51 55m18 58m72 59m21 59m51 5 U18日本記録、自己新記録
12 223 フジモト サラ
藤本 咲良(98)
中京大
兵 庫
58m45 57m83 × × 59m25 57m35 59m25 6
10 249 セキグチ キヨノ
関口 清乃(97)
栃木スポ協
栃 木
54m69 57m77 54m19 58m28 × × 58m28 7
7 216 ワタナベ モモコ
渡邉 ももこ(00)
筑波大
福 井
57m52 54m26 56m32 57m27 57m34 56m13 57m52 8
8 192 タカハシ サコ
高橋 沙湖(97)
大阪体育大
秋 田
57m15 57m50 55m11 57m50 9 自己新記録
14 46 タダ カズハ
多田 一葉(96)
ドラゴンズ
茨 城
55m88 55m46 × 55m88 10
15 126 サトウ ワカナ
佐藤 若菜(88)
三重県スポ協
三 重
55m03 54m79 55m23 55m23 11
3 298 キクチ ミオ
菊池 美緒(00)
福岡大
宮 城
× × 54m98 54m98 12
13 193 アオヤギ シオリ
青柳 栞(98)
大阪体育大
大 阪
53m93 54m42 53m77 54m42 13
5 6 アサダ スズカ
浅田 鈴佳(87)
Goririse
大 阪
53m63 52m40 52m50 53m63 14
4 143 ハマダ エリナ
M田 恵理奈(97)
鹿児島県体協
鹿児島
52m26 × 52m75 52m75 15

※このページには広告を掲載しております。