BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)9月8日付
5カ月ぶり1ケタ減

8月の県内新車新規登録
 
小型乗用車、11カ月ぶり増

 

 県内の新車新規登録・届出台数は依然として前年比減の状態ながら、新型コロナウイルス感染拡大による影響が緩やかになってきており、前年比減少率が5カ月ぶりに1ケタ台にとどまった。国土交通省東北運輸局が7日公表した8月の速報によるもの。うち小型乗用車は、唯一前年比増に転じた。

 同局が作成した過去半年間の新車新規登録・届出台数月別推移のうち県内分は下段のとおりだが、8月は前年同月比354台、9.9%減の3,219台。前年10月以来11カ月連続の落ち込みながら、減少率は3月の9.1%以来5カ月ぶりに1ケタ台にとどまった。

 うち全体の45.4%と半数近くを占める軽自動車は6月に前年同月比9%、7月に同4%の各減少と改善の兆しをみせていたのに対し、8月は同12.1%減へと3カ月ぶり2ケタ減に悪化。

 一方、登録自動車の中の小型乗用車は同22台、3.1%の微増ながら、最後の増加月だった前年9月(7.5%)以来11カ月ぶりに減少に歯止めがかかった。東北で小型同がプラスに転じたのは本県のみ。

 東北全体の8月新車新規登録・届出台数は同4,321台、14.7%減の2万9,479台にとどまり、11カ月連続で減少した。このほか、全国計は同6万1,822台、15.6%減と厳しい状態が続いている。 (午前零時) 

200908P1.JPG - 18,766BYTES
200908P2.JPG - 159,893BYTES

 

※このページには広告を掲載しております。