BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)7月19日付
大館国際4強ならず

能代松陽に3-8で屈す
 
県高校野球大会準々決勝

 

 2020県高校野球大会第7日は18日、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝2試合を行った。秋田北地方勢で唯一勝ち残っていた大館国際は、第1シードの能代松陽に3-8で敗れ、4強入りを逃した。

 1回に2点を先制された大館国際は、2回に1死満塁から試合を振り出しに戻し、3回に1死から1点追加して逆転に成功。しかし、4回、6回に各1点追加されたのに続き、終盤8回に大量4点をもぎ取られ、能代松陽に3-8で敗れた。国際は、3-4で競り負けた昨秋の県北大会2回戦(初戦)の雪辱を果たせず、昨秋県大会の覇者に力の差を見せつけられた。

 18日の準々決勝もう1試合は、第2シードの明桜が秋田修英に5-3で勝利。準々決勝残り2試合は19日にこまちスタジアムで、由利(第3シード)-横手清陵、秋田商(第4同)-湯沢翔北をそれぞれ行う予定。 (午前零時)      前の試合記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大館国際

0

2 1 0 0 0 0 0 0 3
能代松陽 2 0 0 1 0 1 0 4 × 8
準々決勝・こまちスタジアム

※このページには広告を掲載しております。