BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)3月18日付
14人の争い確定

任期満了に伴う小坂町議選告示
 
23日の投票に向け舌戦

 

 任期満了(3月31日)に伴う小坂町議選は18日告示され、午前8時半に町役場で始まった立候補の届け出が午後5時で締め切られた。この結果、予定されていた14人の立候補が確定。23日の投票に向け、初日から盛んに「よろしくお願いします」の声が選挙カーから飛び交っている。

 "2人落ち"となる今選挙は、定数が平成28年の前回選挙と同数の12で、立候補者は同1人増の14人。立候補者の内訳は、現、新、元別では現職が前回より1人多い11人、新人が前回と同数の3人、党派別では無所属が同1人多い12人、公明、共産がそれぞれ前回と同数の各1人。

  これまでの選挙と同様、各陣営は地縁、血縁はもとより職場、団体など各方面に働きかけを強め、1票でも多く上乗せしようと活発に水面下の動きを展開し、本番に突入した。 

 投票所は、前回より6カ所少ない10カ所。投票は23日午前7時から午後7時までだが、十和田湖地区の投票所は午後5時で繰り上げ閉鎖する。開票は役場に隣接する町向陽体育館で同8時から行い、開始から1時間ほどで当落が判明するとみられる。選挙に伴う人件費節約を狙いとする平日の投票は、今回で4度目。 

 告示前日の17日現在の選挙人名簿登録者数(有権者数)は男2,060人、女2,394人の計4,454人で、前回の投票日(平成28年3月28日)との比較では255人減少した。前回の投票率は男女平均で過去最低の80.25%にとどまっており、新型コロナウイルスの感染拡大などを背景に今回は初の80%割れも懸念される。

 同感染拡大対策の一環として今選挙では、有権者との握手を控えることや街頭演説で聴衆に近寄りすぎないこと、屋内での演説会を自粛することについて、候補者らが合意した中で選挙戦が繰り広げられている。立候補者(届け出順)は次のとおり。   (午後5時1分)

立候補者(定数12—14、届け出順、敬称略)

@熊谷  聴 59 無・現 農業   小坂字岩ノ下
A宮   信 61 無・現 会社役員 十和田湖字休平
B本田 佳子 53 公・現 無職    小坂鉱山字苦竹
C
船水 隆一 69 無・現 自営業  小坂鉱山字渡ノ羽
D栗山 忠三 73 無・現 無職   小坂鉱山字栗平
E椿谷 竹治 68 無・現 自営業  小坂鉱山字古舘
F成田 直人 63 無・現 無職   小坂鉱山字渡ノ羽
G成田 一君 69 無・新 無職   上向字赤坂

H秋元 英俊 63 無・新 無職   小坂鉱山字渡ノ羽
I
目時 重雄 75 無・現 農業   荒谷字荒川
J亀田 利美 71 無・現 会社役員 大地字上羽ノ木田
K小笠原憲昭 68 無・現 無職   小坂字上小坂
L菅原 明雅 65 無・新 無職   小坂鉱山字古舘

M鹿兒島 巖 76 共・現 無職   荒谷字妻ノ神

※このページには広告を掲載しております。