BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)2月14日付
4カ月余ぶり149円割れ

レギュラーガソリン県平均
 
全石油製品値下がり

 

 レギュラーガソリン1リットルあたりの県平均価格は4週ぶりに値下がりし、4カ月ぶり余に149円を割り込んだ。経済産業省資源エネルギー庁が13日公表した今月2回目(10日現在)の石油製品価格調査結果で示されたもの。ハイオクガソリン、軽油、灯油もそろって値下がりした。

 同1リットルあたりの全国平均価格は150円。前週調査(3日現在)に比べて1.2円安く、3週連続で値下がりした。3県で値上がり、同じく3県で横ばい、41都道府県で値下がり。 うち本県の平均価格は、前週調査比1円安の148.9円。4週ぶりに値下がりし、前年9月30日調査の146.5円以来4カ月余ぶりに149円を下回った。

 レギュラーガソリン以外の石油製品の県平均価格は、ハイオクガソリン1リットルあたりが前週調査比1.1円安の159.9円。4週ぶりに値下がりし、前年9月30日調査の157.5円以来4カ月余ぶりに160円を下回った。軽油同は、同0.8円安の130.7円。2週連続で値下がりし、前年10月21日調査の130.8円以来約4カ月ぶりに131円を割った。

 需要期にある灯油の18リットル県平均価格は、店頭が前週調査比17円安の1,613円で2週連続値下がり、配達も同17円安の1,696円で前年12月9日調査以来約2カ月ぶりに値下がりした。前年同期(前年2月12日調査)との比較では、店頭が92円、配達が94円それぞれ高い。レギュラーガソリン1リットルあたりの今年に入ってからの全国と東北各県の平均価格推移は下段のとおり。 (午前零時)

 
調査日 全 国 青 森 岩 手 宮 城 秋 田 山 形 福 島 東 北
1/6 150.1 147.9 146.2 146.8 149.7 154.7 151.5 149.3
1/14 151.1 148.7 147.9 147.1 149.5 154.7 152.6 150.0
1/20 151.6 149.0 147.8 147.6 149.9 155.0 153.0 150.3
1/27 151.5 149.0 148.0 147.4 149.9 155.0 152.4 150.2
2/3 151.2 148.4 147.8 146.6 149.9 155.0 152.5 149.9
2/10 150.0 147.1 145.7 145.5 148.9 153.2 151.8 148.5

※このページには広告を掲載しております。