BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)2月4日付
男女3位表彰台

距離フリーで秋田北地方勢
 
全国高校スキー競技開幕

 

 新潟県妙高市を会場とする第69回全国高校スキー大会(インターハイ)は4日、前日の開会式などを経て競技が開幕した。秋田北地方勢は競技初日、距離女子5キロフリーで本田千佳(花輪3年)が3年連続表彰台に立った。また、男子10キロ同は山田龍輔(秋田北鷹2年)が3位表彰台。

 「飛べ! はね馬のように、妙高の白き大地をかけぬけろ」をスローガンとする今大会競技初日は、妙高高原赤倉シャンツェで純飛躍(男子は正式競技、女子は公開同)、赤倉観光リゾートスキー場で男子大回転、同観光リゾートクロスカントリーコースで距離女子5キロフリー、男子10キロ同を行った。

 各種目のうち111選手がフィニッシュした女子5キロフリーの優入賞結果は表1のとおりだが、ゴール間際まで2位を競り合った本田は2秒1差の15分40秒6で3位となり、前々回3位前回2位、そして今回と悲願の初優勝こそ逃したものの、3年連続表彰台。

 このほかの秋田北地方勢は、畔上凛花(秋田北鷹1年)が16分5秒1で8位、山田智子(同)が16分7秒9で10位と、全国初挑戦で入賞(10位以内)を果たした。

 164選手がフィニッシュした男子10キロフリーの優入賞結果は表2のとおりだが、秋田北地方勢は全国大会初出場の山田が23分40秒2で3位表彰台を射止めたほか、前回48位の畠山侑也(花輪2年)が24分10秒8で8位に食い込んだ。

 29選手が出場した純飛躍(ヒルサイズ100メートル、K点90メートル)の優入賞結果は表3のとおりだが、秋田北地方勢は前回13位の小舘冬歩(花輪3年)が1回目74.5メートルで12位とやや精彩を欠いたものの、2回目に7位の85メートルを出し、2本合計得点で9位入賞。17選手が出場した女子純飛躍に、県勢の出場はなかった。129選手がフィニッシュした男子大回転に、秋田北地方勢の入賞はなかった。       (第1報:午後1時半、第2報:午後2時10分、第3報:午後5時)

女子5キロフリー優入賞者(表1)

200204P1.JPG - 188,613BYTES

男子10キロフリー優入賞者(表2)

200204P3.JPG - 189,977BYTES

男子純飛躍優入賞者(表3)

200204P2.JPG - 278,517BYTES 

※このページには広告を掲載しております。