BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和2年(2020年)1月11日付
秋田北地方勢は5人

あすの全国都道府県対抗女子駅伝 
 
藤田は2年連続アンカー

 

 皇后盃第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会を12日に京都市のたけびしスタジアム京都(西京極総合運動公園陸上競技場)発着の同スタジアム付設駅伝コース9区間、42.195キロで行うにあたって大会本部は11日、同日現在での各都道府県チームのオーダーリストを公表した。本県チームは、9選手中5人を秋田北地方勢で占めた。

 大会本部が作成した大会前日現在のオーダーリストのうち本県チームは下段のとおりだが、秋田北地方勢は3区を津谷咲姫(鷹巣中3年)、4区を「ふるさと選手」の萩野真紀(ルートインホテルズ・秋田北鷹高出)、6区を柳舘禎乃(花輪高3年)、8区を咲姫の双子の妹舞姫(鷹巣中3年)、アンカー9区を「ふるさと選手」の藤田正由加(ルートインホテルズ・秋田北鷹高出)のあわせて5人が担う。同地方勢が県選手の過半数にのぼったのは、今回と同数の5人だった平成29年の第35回以来3年ぶり。うち藤田は、2年連続でアンカーの大役を任される。     前の関係記事

200111AP1.JPG - 37,784BYTES
200111AP2.JPG - 21,936BYTES

※このページには広告を掲載しております。