BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)11月27日付
早くも前年計に並ぶ

県警認知の特殊詐欺被害件数 
 
累計被害額は2億円超え

 

 今年の県内特殊詐欺被害認知件数は、10月末現在で早くも前年計に並んだ。県警がまとめた暫定値で示されたもの。累計被害額は前年同期の約4倍にのぼるなど、深刻の度を増している。

 特殊詐欺は、オレオレ詐欺や架空請求やなどの「主要手口」、金融商品やギャンブルなどの「その他の手口」、「窃盗」の3種類に分類。

 県警が作成した10月末現在の被害認知状況は下段のとおりだが、累計件数は33件。前年同期に比べて4件多く、前年計と同数となった。また、累計被害額は前年同期の5,341万4,333円から約2億1,467万7,704円へと約4倍に。

191127P.JPG - 170,874BYTES

※このページには広告を掲載しております。