BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)11月26日付
12月、1月は暖冬傾向か

本県含む東北日本海側
 
2月「冬本番」を示唆

 

 仙台管区気象台は25日、12月から来年2月にかけての3カ月予報を発表した。「この時期の天候に影響の大きい北極振動の予想は難しく、現時点では考慮できていないため予報には不確定性がある」としながらも、12月と1月は暖冬傾向で、2月は平年と同様に冬型の気圧配置の日が多いと予想。

 今予報のポイントとして同気象台は〇寒気の南下が弱いため、向こう3カ月の気温は平年並みか高い〇東北日本海側は12月と 1月は冬型の気圧配置が長続きしないため、平年に比べて曇りや雪または雨の日が少なく、向こう3カ月の降雪量も平年並みか少ない見込み〇12月の東北太平洋側は気圧の谷の影響を受けやすく、降水量は平年並みか多く、同3カ月の降水量はほぼ平年並みの見込み、の3点を挙げた。

 その上で、各月の予報のうち本県を含む東北日本海側の12月は「冬型の気圧配置が長続きしないため、平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ない」、1月は「冬型の気圧配置が長続きしないため、平年に比べ曇りや雪の日が少ない」と、ほぼ同様の予報。

 一方、2月の同日本海側は「平年と同様に冬型の気圧配置となる日が多い」とした上で、「平年と同様に曇りや雪の日が多い見込み」と予報。これからすれば、本県も12月、1月は暖冬傾向で、2月に「冬本番」となりそうな気配だ。

 ただ、「この時期は不確定性がある」とし、常に最新の1カ月予報などに気を配るよう求めており、暖冬傾向を示唆した12月、1月にも気象台想定外の寒波が襲来する可能性は、季節柄十分にあるとみられる。 (午前零時)

※このページには広告を掲載しております。