BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)11月20日付
秋田北地方勢は男女各2校

第50回県中学秋季バスケ
 
秋田市で23日開幕

 今年で第50回の節目を迎える県中学校秋季バスケットボール大会(県中学校体育連盟など主催)は、CNAアリーナ★あきた(秋田市立体育館)で23日から2日間にわたって行う。秋田北地方勢は前回、男子で大館東が8強入りしたのを除いて1回戦敗退だっただけに、今回はさらなる奮起が望まれる。

 同大会は、男女とも県内10地区の地区代表校(9地区が各1校、秋田地区のみ3校)12校のほか、総体優勝枠、同準優勝枠各1校、同3位枠2校のあわせて16校が出場。秋田北地方勢は男子が前回に続いて大館東と花輪一、女子が大館一と十和田の各2校が上位を目指す。

 うち男子大館東は前回、1回戦で湯沢北を下して8強入りしたものの、2回戦で飯島(秋田市)に敗れて準決勝進出を逃した。飯島は決勝で3年連続5度目制覇を目指す最強豪山王(同)を下して頂点に立った。今大会、大館東は十文字と、また、花輪一はいきなり山王と、それぞれ1回戦で対戦する。

 秋田北地方勢女子は1回戦、大館一が角館、十和田が中仙の、いずれも前回県大会に出場していないチームと対戦。前回18年ぶり7度目の優勝を飾った大曲は、2年連続の頂点を目指す。大会は23日に2回戦まで行い、24日に準決勝、決勝のほかシード順位決定戦。大会事務局が作成した組み合わせは下段のとおり。 (午前零時)

191120.JPG - 183,581BYTES  

※このページには広告を掲載しております。