BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)11月8日付
秋田北地方勢振るわず

東北高校駅伝
 
秋田工男子、連覇にほど遠く

 

 第55回男子・第30回女子東北高校駅伝競走大会(東北高体連など主催)は7日、山形県長井市の光洋精機アスリートフィールド長井(同市陸上競技場)を発着点とする「ながい黒獅子ハーフマラソンコース」男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行った。秋田北地方勢男子は秋田北鷹がオープン参加を除く26校中17位、花輪が19位、同女子は同27校中秋田北鷹が11位、花輪が21位と、ともに振るわなかった。県勢男子のうち、2年連続6度目優勝を目指した秋田工は11位に甘んじた。

 男女の結果は下段のとおりだが、男子は仙台育英が2時間7分54秒で8年ぶり11度目、女子は青森山田が1時間11分6秒で3年ぶり10度目の優勝を飾った。

 男子で2年連続6度目優勝を目指した秋田工は、1区の坂本祥太(3年)が20位と大きく出遅れたものの、2区の杉本真弥(1年)が18位、3区の佐藤宏亮(同)が13位、4区の浮田大助(3年)が8位まで挽回した。

 しかし、5区の石井宏朋(2年)が9位、6区の佐藤祥樹(1年)が10位と、じりじり後退。アンカー7区の橋昂太郎(3年)に巻き返しの望みを託したが、2時間15分1秒、11位でフィニッシュした。

 秋田北地方勢女子は、秋田北鷹が先月20日の県予選で2年ぶり頂点に立ち、12月22日に京都市で行う全国高校駅伝への出場権を獲得。しかし、今東北大会では1時間17分17秒で11位とまったく精彩を欠き、全国での険しさを予感させる結果に終わった。
(午前零時)   前の関係記事

男子の結果 女子の結果
順位 タイム 高校名
優勝 2時間7分54秒 仙台育英学園
宮城
2 2:9:32 学法石川
福島
3 2:9:50 田村
福島
4 2:10:47 青森山田
青森 
5 2:10:54 東北
宮城
6 2:11:53 東海大山形
山形
7 2:13:04 酒田南
山形
8 2:14:06 利府
宮城
9 2:14:38 一関学院
岩手
10 2:14:53 九里学園
山形
11 2:15:01 秋田工
秋田
12 2:15:13 八戸学院光星
青森
13 2:15:30 明成
宮城
14 2:16:24 会津
福島
15 2:16:28 日大東北
福島
16 2:16:38

大曲工
秋田

17 2:16:40 秋田北鷹
秋田
18 2:17:18 盛岡大附属
岩手
19 2:17:32 花輪
秋田
20 2:17:43 専大北上
岩手
21 2:18:16 古川工
宮城 
22 2:18:57 磐城
福島
23 2:21:23 盛岡市立
岩手
24 2:21:47 山形南
山形
25 2:26:30 田名部
青森
26 2:29:59 弘前実業
青森 

2:16:03
オープン参加
山形中央
山形
秋田北地方勢は
順位 タイム 高校名
優勝 1時間11分06秒 青森山田
青森 
2 1:12:13 学法石川
福島
3 1:12:48 山形城北
山形 
4 1:13:33 盛岡誠桜
岩手
5 1:14:02 仙台育英学園
宮城
6 1:14:16 東北
宮城
7 1:14:31 田村
福島
8 1:15:13 常盤木学園
宮城
9 1:16:02 東海大山形
山形
10 1:17:00 酒田南
山形
11 1:17:17 秋田北鷹
秋田
12 1:17:31 日大東北
福島
13 1:17:41 大曲
秋田
14 1:17:46 花巻東
岩手
15 1:18:01 八戸学院光星
青森
16 1:18:30 いわき秀英
福島 
17 1:18:31 八戸西
青森
18 1:18:33 会津学鳳
福島
19 1:18:56 盛岡第四
岩手
20 1:19:10 秋田中央
秋田
21 1:19:20 花輪
秋田
 
22 1:20:05 盛岡市立
岩手
23 1:21:32 九里学園
山形
24 1:22:01 仙台二華
宮城
25 1:22:33 五所川原工
青森
26 1:22:34 山形東
山形
27 1:23:22 聖和学園
宮城

1:27:20
オープン参加
山形市立商
山形
秋田北地方勢は

※このページには広告を掲載しております。