BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)11月5日付
秋田北地方勢候補は8人

東日本女子駅伝本県チーム
 
選考会Vの鈴木は外れる
 
191105AP.JPG - 124,310BYTES
第35回東日本女子駅伝のポスター

 第35回東日本女子駅伝競走大会(東北陸上競技協会など主催)を10日に福島市で行うにあたり、出場18都道県チームの選手候補が出そろった。本県チームは、13候補中8人を秋田北地方勢で占めた。9月の本県選手選考会の高校・大学・一般の部5キロでは鈴木絵里(能代山本陸協・花輪高出)が頂点に立ったが、今大会の候補から外れ、前回大会で区間3位と気を吐いた藤田正由加(ルートインホテルズ・秋田北鷹高出)が「ふるさと選手」で候補入りした。

 東日本女子駅伝競走大会は福島市・信夫ヶ丘競技場発着の9区間、42.195キロで、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、静岡の計18都道県のチームが覇を競う。

 本県チーム選手候補の顔ぶれは下段のとおりだが、13人のうちルートインホテルズの藤田と加藤海音(秋田中央高出)がともに県出身の「ふるさと選手」として候補入り。うち前回大会で5区(5.0875キロ)を担い、区間3位の16分55秒と健闘した藤田は、今回選手入りすれば2年連続4度目となる。

 一方、9月の選考会高校・大学・一般の部5キロで17秒34で優勝した鈴木は、35歳で8年ぶりの選手入りが有望視されたが、今大会の候補から外れた。 前の関係記事

  • 加藤海音 (21)ルートインホテルズ・秋田中央高出
  • 藤田正由加(20)ルートインホテルズ・秋田北鷹高出
  • 橋佳歩 (20)大曲高-白鷗大2年
  • 武内わかな(18)横手清陵学院高-東北福祉大1年
  • 柳舘禎乃 (18)花輪高3年
  • 野呂くれあ(18)秋田北鷹高3年
  • 佐藤愛奈 (18)秋田北鷹高3年
  • 渡辺望美 (17)秋田北鷹高2年
  • 長岐ももこ(17)秋田高2年
  • 大渕麗奈 (17)秋田中央高2年
  • 津谷咲姫 (14)鷹巣中3年
  • 津谷舞姫 (14)鷹巣中3年
  • 藤田未来 (15)鷹巣中3年

    秋田北地方勢は

  •  
     

    ※このページには広告を掲載しております。