BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)10月9日付
秋田北地方勢は2選手

U20・U18日本陸上
 
18日に広島で開幕
 
191009AP.JPG - 75,822BYTES
U20・18日本陸上のポスター
 

 JOCジュニアオリンピックカップ大会第35回U20/第13回U18日本陸上競技選手権大会(日本陸上競技連盟主催)は、18日に広島県で開幕する。秋田北地方からはU20女子ハンマー投げに稲垣愛結(花輪高3年)、U18女子100メートルに成田千栞(大館市北陽中-秋田和洋女高1年)が出場する。

 同大会は、18日から20日までの3日間にわたって広島市の広島広域公園陸上競技場で、20歳以下のU20が男女各14種目、18歳以下のU18が同各15種目で頂点を目指す。

 秋田北地方出身選手のうち稲垣は前回大会でU18女子ハンマー投げに挑み、43メートル43で16位と全国の壁の厚さを痛感する結果に終わった。U20の同種目に挑戦する今回は、エントリー22選手中、資格記録が7位の53メートル15と前回大会時に比べて大きく成長しており、当日のコンディション次第では入賞(8位以内)が視野に入る。

 一方、成田は先の第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」陸上競技少年女子B100メートルで決勝に進出したが、決勝は12秒52で8選手中最下位。今大会の同種目には41選手がエントリーしている中、資格記録12秒7の成田はランキング30位タイとやや厳しいながら、国体に続く決勝進出を目指したいところ。

 稲垣が出場するU20女子ハンマー投げ(決勝)は、大会第2日の19日午前11時15分開始の予定。また、成田が出場するU18女子100メートルは同日午前10時半から予選、午後4時10分から決勝の予定。

続報:JOCジュニアオリンピックカップ大会第35回U20/第13回U18日本陸上競技選手権大会のU20女子ハンマー投げに出場した稲垣愛結(花輪高3年)は、50メートル89で19選手中7位に入賞した。U18女子100メートルに出場した成田千栞(大館市北陽中-秋田和洋女高1年)は、予選6組中第1組2位の12秒13で、決勝進出はならなかった。

※このページには広告を掲載しております。