BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)10月7日付
秋田北地方勢の躍進に期待

春高バレー県予選、25日開幕
 
男子国際、8強以上目指す 

 第72回全日本バレーボール高校選手権大会の県予選(県バレーボール協会など主催)が25日に由利本荘市のナイスアリーナで開幕するにあたって6日、組み合わせ抽選会を行った。秋田北地方勢は前回、男子で大館国際が8強入りしただけに、今大会はさらなる躍進が期待される。

 「春高バレー」とも呼ばれる同大会は今回、全国大会(東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで来年1月5〜7日、11日、12日)への出場をかけた県予選が、25日から3日間の日程で行う。男子は前回より4校少ない17校、女子は同2校少ない24校が出場。

 うち秋田北地方勢は男女とも前回まで出場していた十和田を除く、大館国際、大館鳳鳴、大館桂桜、花輪、秋田北鷹の各5校が上位を目指す。女子は前回、2回戦までに総敗退したものの、男子は大館国際が準々決勝(8強)に進出しただけに一層の活躍が望まれる。 

 ちなみに、男子は前回、県内王者の雄物川が24年連続24度目の頂点に立った。全国大会では2回戦で日本航空(山梨)を2-1、3回戦で西原(沖縄)を2-0でそれぞれ下したものの、準々決勝で市立尼崎(兵庫)に0-2で敗れ、4強入りを逃した。決勝は洛南(京都)が清風(大阪)に3-0で完勝し、14年ぶり2度目の頂点に。

 また、女子は県予選で4年ぶり3度目優勝の秋田北が、全国大会1回戦で市立沼田(広島)に0-2で完敗した。決勝は金蘭会(大阪)が東九州龍谷(大分)に3-2で競り勝ち、2年連続3度目の制覇。県バレーボール協会が公表した県予選の組み合わせは下段のとおり。

続報1:第72回全日本バレーボール高校選手権大会県予選初日の25日、秋田北地方勢男子は2回戦で大館桂桜と秋田北鷹の同地方勢同士が対戦。大館桂桜が秋田北鷹を2-0(25-17、25-15)で下し、8強入りを果たした。大館桂桜は、26日に最強豪雄物川と準々決勝に臨む。また、大館鳳鳴が1回戦で国学館を2-0(25-8、25-7)で下したものの、2回戦で雄物川に0-2(7-25、9-25)で敗れた。このほか、2回戦で花輪が横手清陵に0-2(13-25、11-25)、大館国際が増田に0-2(16-25、10-25)でそれぞれ敗北。

 秋田北地方勢女子は、2回戦で大館桂桜が横手城南を2-0(25-22、25-23)で下し、8強入りを果たした。大館桂桜は、26日に聖霊と準々決勝に臨む。また、1回戦で花輪が秋田中央を2-1(25-22、18-25、25-19)で下したものの、2回戦で秋田商に0-2(15-25、16-25)で敗れた。このほか、1回戦で大館国際が平成に0-2(16-25、10-25)、大館鳳鳴が横手城南に1-2(25-20、10-25、23-25)、秋田北鷹が本荘に0-2(18-25、16-25)でそれぞれ敗北。

続報2:第72回全日本バレーボール高校選手権大会県予選第2日の26日、秋田北地方勢男子は準々決勝で大館桂桜が最強豪雄物川に0-2(8-25、14-25)で敗れ、4強入りを逃した。同女子も準々決勝で大館桂桜が聖霊に0-2(7-25、15-25)で敗れ、4強に届かなかった。これにより、同地方勢は26日までに男女とも総敗退。

<男子組み合わせ>

191007AP1.JPG - 100,424BYTES

<女子組み合わせ>

191007AP2.JPG - 130,124BYTES 

※このページには広告を掲載しております。