BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)10月5日付
日本学生陸上に続き2冠

国体成年女子400b障害で関本
 
3大会で表彰台 

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の陸上競技成年女子400メートル障害決勝に進出した関本萌香(大館鳳鳴高-早大2年)は5日、見事初優勝を飾った。これにより、先月の日本学生陸上に続く2冠、7月の日本陸上を含む3大会連続表彰台を果たした。

 国体陸上競技は、茨城県ひたちなか市の笠松運動公園陸上競技場で行っている。関本は、前日の成年女子400メートル障害予選(全3組)の第3組で出走し、59秒20で1位通過。小山佳奈が59秒38で2位通過しており、早大の後輩、先輩のワンツーフィニッシュで決勝進出を決めた。

 大会本部が作成した成年女子400メートル障害の結果は下段のとおりだが、関本は57秒83で前回の7位入賞から全国の頂点に大躍進。自己最高の57秒73で3位に食い込んだ6月の第103回日本陸上競技選手権大会女子400メートル同57秒74で初優勝を飾った先月の第88回日本学生陸上競技対校選手権大会同障害に続く好タイムで、今シーズンの絶好調ぶりを示した。(午後3時40分) 
前の関係記事

成年女子400m障害 決勝
順位 選手名 所属 記録
1 関本 萌香 秋田(早大) 57秒83
2 齋藤 真佑 宮城(七十七銀行) 57秒88
3 梅原 紗月 兵庫(住友電工) 58秒04
4 芝田 陽香 京都(チームミズノ) 58秒07
5 小山 佳奈 神奈川(早大) 59秒18
6 川端 涼夏 埼玉(松本土建) 59秒37
7 林 理紗 北海道(立命大) 59秒47
8 吉田 佳純 岐阜(駿河台大) 59秒51

※このページには広告を掲載しております。