BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)8月7日付
男子17チーム、女子6チーム

第72回十和田八幡平駅伝
 
きょう号砲、女子の部は第2回 

 第72回十和田八幡平駅伝競走全国大会(全国マラソン連盟、鹿角市、小坂町主催)は、男子の部が十和田湖休屋-八幡平大沼の5区、71.6キロ、昨年創設した女子の部が平塚果樹園-八幡平駐在所の5区、28.1キロで7日に行う。今大会は男子17チーム、女子6チームがそれぞれ頂点を目指す。

 「日本マラソンの父」と称される金栗四三(明治24年〜昭和58年)の尽力で、昭和23年に産声をあげた同大会は「十八(じゅっぱち)駅伝」の愛称で知られる。前回の会場地は珍しく最高気温が20度台前半と絶好の駅伝日和となったが、例年、真夏の強烈な暑さの中で起伏に富んだコースで覇を競う"耐久"レースを繰り広げるのが同駅伝の特徴。

 男子の部エントリーチーム数は前々回が28、前回が21、そして今回は17と、減少傾向にある。それでも、前回9年ぶり5度目の頂点に立った小森コーポレーション(茨城)や準優勝のコモディイイダ(東京)、前々回優勝で前回4位の八千代工業(埼玉)など上位チームがひしめいている。

 県勢は、前回11位の秋田陸上競技協会、同19位の大館北秋田陸協A、同最下位の同Bの、前回と同様3チームが迎え撃つ。全国の壁は厚く、県勢はなかなか入賞(6位以内)に届かないだけに、地元の意地をみせてほしいところ。

 このほか、第2回を数える女子の部には東北福祉大A、同B、石巻専大、聖和学園高の宮城勢4チームと流通経済大付属柏高(千葉)のほか、ニトリ(埼玉)がオープン参加する。オープン同を含むと、前回より2チーム多い。

 ちなみに、前回は資生堂(東京)が東北福祉大に11秒差で初代女王に輝いたが、今回は資生堂が参戦しないため、東北福祉大Aを軸に頂点争いが繰り広げられそう。号砲は男子が午前8時、女子が同8時半。 (午前零時)

※このページには広告を掲載しております。